令和でもフランクリンプランナーにお世話になることに決めました

06月になりましたね。06月と言えばわたし手帳の更新時期なのです!

わたしが日々使っているフランクリンプランナー、年始でも年度始まりでもなく07月始まりのセットを使っておりましたので、この時期に更新なのですね。

フランクリンプランナーといえば、気軽に手を出しづらいその金額。わたしが使っている一日二ページのものはリフィルだけでも5000円近くします。

毎年、この金額を見て少し考えるのですよね。「フランクリンプランナーでなくてもいいのでは?」と。

他のメーカーのリフィルならばもう少しコストを抑えることができるだろうし、ほぼ日のような綴じ手帳と言う選択肢もある。

でも、決めました、今年もお世話になると。

フランクリンプランナーは、わたしにとって目標を見失わず、自分の価値観を見失わず、日々の計画を管理できるツール。毎日書き込んで振り返って少しづつ毎日を改善していく、そのためのツールなのです。

毎日使わないと意味がない。

安く購入できたり、お手軽に使えたりすると、わたしの性格からして「面倒だらかいいか、安かったし」っとなりそう。その気持ちをこの金額がぐっと押さえ込んでくれるのです。「5000円もしたし、使わないともったいない」という気持ちです。

また、目標達成をしやすくするためにデザインされたリフィルたちがあって継続して日々を少しづつ改善していける。

だから、フランクリンプランナーにまたお世話なることに決めました。

あと、
弁当箱みたいに大きく重いという存在感も毎日の生活の中で忘れないということも理由としては大きいかもしれませんね。