きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

寝不足の日に心がけていること

寝不足の日はパフォーマンスが落ちる

いろいろと頑張っても眠る時間が削られてしまうこともあります。子供が夜中に起きちゃって寝かしつけてたら寝れなかったとか、夜遅くまで上司と話し込んでいたとか。そんな日の翌日はひどく寝不足な訳で、寝不足ですと朝からずっとぼ〜としてて夕方ぐらいに頭が冴えてこれば良いほうだったりして、とことん仕事のパフォーマンスが落ちる。

そんな寝不足の日でもパフォーマンスをなんとか上げるために心がけていることをまとめてみました。

出社したらブラックコーヒーを飲む

朝、出社したらまず、ブラックコーヒーを飲みます。濃さが調整できるのなら濃いめにします。

熱いブラックコーヒーを飲んでいると何となくぼ〜とした頭が目を覚ますような感覚がするんですよね。

重い仕事は朝のうちに

寝不足の日は集中力が全然続きません。なので、まだ集中でける午前中に重い仕事、考え込む仕事をします。 ただ、重いと言ってもいつもより軽めな内容にしておかないと途中で嫌になって投げ出してしまうので注意です。

午後は単純作業を中心に

午後はいつもより眠くなりがち、それほど考え込まなくてもできる単純作業を中心にします。Excelでデータをまとめてグラフ化とか、事務的な書類を準備するとかです。

好きな分野の業務は午後でも

午後は集中力がないと言っても、自分の好きな分野、コーディングは大丈夫です。 社内の業務支援ツールのメンテナンスなどは考えて打ち込んで試行してまた考えての繰り返しで飽きなく実施できる。好きなことだからやっているうちに眼が冴えてきてどんどん集中できる。だから午後でも大丈夫なのです。 ただ、とても集中して作業していることになるので、終わった後は寝不足でさらに増した疲労感がたっぷりになりますけどね。

まとめ

寝不足のときに心がけていることをまとめましたが、上記を意識しても睡眠が十分だったときと比べ寝不足によるパフォーマンスの悪さはあるわけで、やはり十分に睡眠をとるにこしたことはないかなと思います。

スポンサーリンク