きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

能率手帳ゴールドとペンの持ち運びを考える

皆さん、手帳とペンの持ち運びってどうされていますか?

以前にも書きましたが、手帳とペンの持ち運びかたにはいろいろと方法があるのですが、能率手帳ゴールドを来年用に手に入れてからまた悩みだしてしまいました。

www.chml-iwbht.net

能率手帳ゴールドはペンフォルダーなどない

能率手帳の普及版やゴールドにはペンフォルダーがないんですよね。ビジネスマンならペンは常に胸のポケットに入っているからわざわざ手帳につけておく必要はないということで。私の場合、メモを常にどこでも取れるように鞄にも机にもボールペンが入っているわけで、さらには胸ポケットにはRHODIAと手帳用の小さなボールペンが入っているからいつでも能率手帳ゴールドに記入できるわけなんですが。でもね、お気に入りのペンとお気に入りの手帳は一緒に持ち歩きたい、セットで使いたいわけですよ。今まではペンフォルダーのついているカバーを手帳につけていたので問題なかったのですが、来年はどうしたものか。

能率手帳ゴールドはできれば裸で使いたい

能率手帳の普及版ならビニールの表紙なので手帳カバーにかぶせて使っていても全然問題ないですよね。 むしろ黒一色の表紙に自分の個性を出すことができていいかも。

でもね、ゴールドの表紙は革でできているわけですよ。 普及版のビニールの表紙に比べてやわらかい革の表紙です。 せっかくの革の表紙です、使い込んでいくうちに表情とかが出てくるだろうし。 なるべくなら裸で使いたいわけですよ。

そう考えると今年まで使用していたペンフォルダー付きの手帳カバーは使えません、 ペンも一緒に持ち運ぶことができないんですね。

ペンケースにペンを入れて持ち運ぶ

ペンを無造作に鞄にさしておくってのもありますが、それならいつも使っているボールペンと変わりませんね。 せっかくなのでペンケースにペンを入れて持ち運んでみようかなんて考えています。

1本か2本ぐらい入るペンケースを使用して、なんだったら手帳バンドでペンケースと手帳を固定して。 毎日会社にもっていく鞄なら手帳の定位置が決まっているのでいいですが、 休日に使用する鞄は手帳の定位置が作りにくい鞄なのでバンドで固定すると整理しやすいかな。

手帳ポーチに入れて持ち運ぶ

さらに、休日はリュックで移動するときもあるので、その時ように手帳ポーチを考えています。 正確に言うとジッパーで開閉できる手帳カバーですね。

能率手帳の大きさはA6よりも少し小さいですが、 A6の手帳カバーを用意しておけば手帳以外にもいろいろと入れられて便利だよなぁと。

これなら無造作にリュックに入れておけるし、リュックの中でぐるぐる回っちゃっても手帳が開いちゃうとか心配ないかな。

問題はなかなかコストとデザインでちょうどいいジッパーの手帳カバーがないこと。 革のしっかりした高めものは見つかるのにちょうどいい価格でのカバーがなかなか見つからないんですよね。 妻の使っているほぼ日のジッパーカバーがちょうどいいんだけどなぁ・・・。

まとめ

来年の使用開始に向けて、能率手帳ゴールドとペンの持ち運びについて悩んでみました。

なかなか見つからなければ最後には自作っていう手もあるし、気長に調査するとしますかね。

スポンサーリンク