きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

朝の目覚め感が良いので寝る前の30分はゆったりと過ごす

皆さん、眠る前って何をされていますか? 眠りギリギリまでテレビ見てますか? WebとかTwitterとか楽しんでいらっしゃいますか?

最近、私、体調が不安定でなかなか風邪が治りきらなくて。 それもあって寝る前はゆったりとしているのですが、 それがメリットありそうなのでまとめてみます。

眠るギリギリまで頭がフル回転では眠りがよくない

寝る前の30分って貴重ですよね。

帰宅後の時間が少ない私にとっては30分といえどもとても貴重な時間、 その間にブログ記事を書くこともできるし、 日記を書くこともできる、 iPhoneで皆さんのブログに訪問もできるし。 30分あればかなりのことができると思うのですよ。

でも、寝る直前までそれらしているとどうも朝の寝覚めが悪い感じなんですよね。 実際UPの睡眠ログを見てもレム・ノンレムのサイクルが悪い。 眠りの質が悪いということでしょうか。

眠る30分前からゆったりとした時間を取るように

最近は眠る前の30分はゆったりと過ごすようにしています。 お風呂から出た後にゆっくりと眠る準備をする。

冷えないように暖かい恰好をして雑誌をのんびり眺める、 手帳やノートにメモを記入する、 手帳を眺めて明日の予定を把握する、 暖かい飲み物を飲んでのんびりする

雑誌の替わりにビジネス本とかはだめですね、 知識を吸収するために頭がフル回転になってしまう。 雑誌だと写真を眺めるだけで済ますこともできますから。

寝る前にのんびりするようになって、 UPの睡眠ログのレム・ノンレムのサイクルも綺麗に繰り返すようになってきましたよ。 朝の目覚めも以前よりも良い感じがします。

まとめ

寝る前の30分を眠るための準備としてのんびり過ごす、 睡眠の質も向上して朝の目覚めも良くなる感じです。

皆さんも眠る前にのんびりしてみませんか?

スポンサーリンク