読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

目印にいいから、ノート・メモ帳にはページ番号を記入する

皆さん、手帳やノートやメモ帳など使っているときにページ番号を記入していますか? モレスキンを使っている時にページ番号を記入するようになって、それ以来ノート・メモ帳にも記入するようになりました。 今回はノート・メモ帳にページ番号を記入することについてまとめてみます。

なぜページ番号を記入するの?

そもそもなぜページ番号を記入しているかといえば、ページ番号を知りたいためです。

ノート・メモ帳を普通に使っているとページ番号は知る必要がないと思います。でもページ番号があるとそのノート・メモ帳のどの程度まで使ったのかがわかりますよ。

今のページは20ページで全体が80ページならば1/4ほど使用したと把握できます。1ヶ月で20ページ使ったなら今のペースならばそのノート・メモ帳を使い追えるには全体で4ヶ月かかる、あと3ヶ月で使い切りそうだと。

私はノート・メモ帳に記入するときには記入するときの日付を記入しているので使い始めの日付もわかります。ノート・メモ帳はいつも持ち歩いていたので、残りのページがなくなる前にタイムリーに次のノート・メモ帳を補給したい。なので、使用するペースがわかるって便利なんですよね。

ページ番号があれば見返す目印になる

ページ番号が記入されていると後から見返したときに目印にもなります。何度も見返す内容ならばそのページ番号を覚えておく。ページ番号を目印に記入した内容を見返すことができますよね。

さらにマメな方ならそのノート・メモ帳の目次を作ってもいいかも。そもそも私がページ番号を書くようになったのもモレスキンの愛好家のブログに「使う前にページ番号を記入しておいて後から目次を作る」と読んだことからでした。目次は時間がかかるので作れていませんけど、見返すための目印にはちょうどいいのでいまだにページ番号を記入することは続いています。

いつページ番号を記入するのか?

じゃ、いつページ番号を記入するかというと、新しいノート・メモ帳を使い始める時。新しいノート・メモ帳の使い始めはページ番号を記入すること。

各ページの右上や左上、もしくは右下や左下に小さくページ番号を記入します。モレスキンとかページ数が多いものは各ページに番号を書くのがめんどうなので右のページだけに書くようになりました。

モレスキンだと、そもそも高いノートなので貧乏性の私には思いっきり使えなくて。でも、はじめにページ番号を書いちゃえばなんとなく書く抵抗感が少なくなるってこともありますね。

まとめ

今回はノート・メモ帳にページ番号を記入することについてまとめてみました。ページ番号を書くのってめんどうなんですけど、どれだけ使ったかが目に見えてわかるのでそれだけでも楽しくて。

皆さんもノート・メモ帳にページ番号を記入してみませんか?

スポンサーリンク