きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

トラベラーズノートのパスポートサイズに自作の付箋リフィルを装着したよ

先日、トラベラーズノートにジッパーリフィルを導入したと書きましたが、その時についでに自作の付箋リフィルを追加しました。

その時にメモをするために付箋リフィルが欲しい

以前からさっとメモを残す場合に付箋を使いたいと思っていました。

でも、カバンから付箋の束を取り出すのって面倒で「まぁ、いいか」って後まわしにしてしまって。そのまま忘れてしまうことが多くて。

トラベラーズノートのパスポートサイズならばカバンの中でもいつも取り出しやすいところに入れていますからさっと取り出してさっとメモできるんですよね。

だから以前から付箋リフィルが欲しかったのですよ。

純正のリフィルでも付箋のリフィルはあるのですけどちょっと手間をかければ自分でも付箋リフィルって作ることができるのですよね。

自分で作ったのが自分の使い方にあったリフィルが作ることができるし。

こんな感じな流れで今回は自分で付箋リフィルを作ることにしました。

自作付箋リフィルの作成

自作リフィルといっても付箋を貼りつける台紙をクリアファイルで作成して付箋を貼りつけるだけです。

さて、作っていきましょう。

まずは付箋の台紙になるクリアファイルを用意します。100均でもいいですが近所の文具店で購入したのがス越しだけ安く買えるかもしれませんよ。

パスポートサイズになるようにクリアファイルに印をつけます。

使用しているパスポートサイズのメモ帳があればそれを利用して線を書きます。

わたしの場合ですと、クラフトリフィルと合わせる場合はこれだと少しサイズが大きいようで、この後少しサイズの調整をしました。

そして切り取ります。4つの角をきれいに面取りしておくと、使っているときに手に刺さらなくていいかも。

切り取れたらトラベラーズノートに装着です。

トラベラーズノートにクリアファイルを装着したら付箋を取り付けます。100均で大量に購入した付箋をメモ帳代わりに着けましたよ。

実は綴じてあるメモ帳の代わりにこの付箋リフィルを使用しようと考えていますので、このままパスポートメモは外しちゃいました。

まとめ

クリアファイルを切り取るだけで簡単に作成できるし純正よりもお安くできるし、おすすめです。

こんな記事も書いてます!

www.chml-iwbht.net

スポンサーリンク