お気に入りの文房具で書く作業が楽しくなる

今週のお題「愛用しているもの」にインスパイヤーされまして、
この10年近く愛用しているシャープペンとボールペンについてまとめてみます。

スポンサーリンク

ステッドラー シャープペン シルバーシリーズ 925 25-05 0.5mm

ステッドラー シャープペン シルバーシリーズ 925 25-05 0.5mm

ステッドラー シャープペン シルバーシリーズ 925 25-05 0.5mm

まず、愛用しているシャープペンです。
このシャープはもともと製図用の道具らしくて、適度な重さのアルミでペン自体ができていて、
ペン先は通常のシャープにくらべてぐっと細くなっていて、指が当たる箇所は滑り止め加工がされている。

使い始めてまず驚いたのが、ひんやりとすること。
シャープといえばそれまでは樹脂のボディが当たり前でそんなにひんやりすることがなくて。

使ってみるとアルミの適度な重さとペン先が細くなっているから書きやすくて。
書きやすいからどんどん書きたくなる。職場だとPCに向かって業務をしてるわけですから
ちょっとしたメモからはじまり資料を作るのもPC上のソフトってことになる。
でも、このシャープを手に入れてからは書くことが楽しくて、書きたくて、
メモも、考えをまとめるのも、なんでもこのシャープを使って手帳に書いています。
おかげで、毎年支給される分厚い会社の手帳も毎年使い切っちゃっていますよ。

ロットリング トリオペン

ロットリング トリオペン シルバー SO502715

ロットリング トリオペン シルバー SO502715

次はボールペン。ボールペンといっても、ブラックとレッドのインクのボールペンとシャーペンが一緒になったマルチペンです。
以前、ほかの記事にも書きましたが、このペンは能率手帳と一緒に持ち歩いています。

このペンはペン先の出し方がちょっと珍しくて、
ペン上部の黒や赤そしてシャープのマークを上側にしてノックを押せば上側にしたマークのインクが出てきて、
クリップを広げればペンが収納される。

手帳に使うペンを探していたときに、手帳にはさむのでクリップが固定式じゃないほうが使いやすいだろうと、
アルミで光るこのペンをみつけて、こちらも一目惚れで購入しました。

ずしりと適度に重いペンと、書きやすいインク。このペンも書いていると楽しくなってきます。

初めからついていたインクは使い切ってしまって、純正品のインクに交換したのですけど、保管が良くなかったらしく、
書けなくて。
一度は復活したのですけど、それからしばらくしたらやっぱり書けなくなってしまって。
今ではPILOTの同径のリフィルを入れて使っています。

この手のペンでうれしいのは同じ規格のリフィルならメーカーを問わずに使えるということ(もちろん自己責任ですけど)。
純正リフィルは入手性があまりよくなかったのですけど、同じ規格のものなら国産品で安く購入できる、
これなら、さらにたくさん書いても、リフィルのことは気にしないですむかな。

まとめ

私が愛用しているシャープとマルチペンについてまとめました。
お気に入りの文房具を使うって、それだけでも楽しいですよね。

皆さんも少し高めだけど、お気に入りの文房具をみつけて、ずっと使い続けてみませんか?