【日刊dov.】毎日記入する手帳にカクノを使う、万年筆を楽しむよ。

日々の出来事をとりとめもなく書いた記事です。

以前は筆入れに常備していた万年筆、最近は自宅待機で使う機会がどっと減ってしまいしまた。

万年筆の書き心地が好きで、主にトラベラーズノートにあてもなく考えをまとめるために書いておりました。

最近ではトラベラーズノート自体持ち歩かなくて、使用する機会がどっと減っておりました。

油性ボールペンと違い万年筆は紙を選びます。相性が悪いとにじみとか裏抜けとかしてしまう。

さっと書く用途が多い手帳には少し向かないかなと考えていて、余計に万年筆の出番が少なくなっておりました。

わたしのフランクリンプランナーの使い方ですと、じっくり考えながら書いているのでインクが乾きくのも気にする必要はあまりなく、また用紙自体が厚いので裏抜け等も大丈夫かなと思いまして、最近、フランクリンプランナーへ毎日の振り返りを書く際に使ってみております。

書いていて思うのが、万年筆の書き心地の良さからか筆が進む。やっぱり楽しいですね。

これも、一つのストレス発散かな。

お気に入りの文具、お気に入りの環境に囲まれて、毎日を少しだけでも前向きに過ごす。

思い付きではじめたのですが、しばらく続けていこうかな。