モバイルでもdynalistからエキスポートする方法

iPhoneでもFireタブレットでもそうですが、これら端末からdynalistを使用するとモバイル版になります。

iPhoneはアプリ版、Fireならweb版になりますがどちらも操作性は一緒。

ここで困るのがモバイル版のdynalist からどう文章をexportするかと言うこと。

モバイル版でexportできるのはfileまるごとしかできません。

exportメニューが出てくるのはfile一覧のところでけ。

ブログの記事ごとにfileを作成しているのならいいのですけどworkflowyでしていたのと同じようなイメージでブログネタ全てを一つのファイルにぶら下げているので、exportすると書きかけのネタも含めてexportされてしまって使いにくい。

満点回答とは行かないまでも、目的のトピックをexportする方法を見つけましたので共有しておきます。

 目的のトピックをexportする方法

export専用のfileを作成します。ここでは仮にexportItemsとします。

スーツケースのようなアイコンをタップしてexportしたいトピックをこのexportItems(export専用のfile)へ移動します。

fileメニューのexportItemにある三角印をタップ、exportItemをfileごとexportします。

exportのダイアログから文章をコピーしてEvernoteやテキストエディタにペーストしてexport完了です。

まとめ

わたし、ブログの記事は通勤列車の中で書いていることが多く、下書きから投稿まで済ませてしまいます。

モバイル環境でexportができるのでぐっと執筆効率があがりました。