【日刊dov.】Puppy Linuxが使えるようになって、古いPCをファイルサーバにしようか悩んでいたけどやめました

日々の出来事をとりとめもなく書いた記事です。

先日から8年前のノートPCでPuppy Linuxを使用しておりますが、これが予想以上に快適に動作するので、少し困っております。

というのも、なんせ8年前のPCで、32bitのものですから、そろそろファイルサーバとして使うつもりでいたのです。

Linuxをファイルサーバーにすること自体はSambaというサーバソフトをインストールして設定すればよくて、実際に職場のPCをファイルサーバーとしてLinuxサーバーで何度か経験済み。

しばらくしたら、このPCをファイルサーバーへ設定しなおそうかと考えておりました。

ところがです、Puppy LinuxがこのPCでもサクサク動作するのです。またまだ使うことができるということなのです。

さすがにハードのスペック的に開発には辛そうですが、文章入力がメインのブログ執筆などは全く問題なく使用できます。実際、数記事はPuppy Linux上で書いて投稿しましたし。

そうなると、まだまだこのノートPCを使っていきたいもの、ファイルサーバにするハードがなくなってしまったことになります。

困りました。

NASでも購入しようか、Raspberry Piを購入してSambaを設定してファイルサーバーにでも仕立てようか、少し計画変更ですね。