【RSSリーダー難民】RSSリーダーの運用を見直してみることにした

先日、スタンドアロンのRSSリーダーはfeedbroにすると書きました。

これで解決のはずでしたが、やっぱりFireタブレットで全アイテムを確認できる環境がほしい! ずっといいアプリを検索しておりますがないもので。

Fireタブレットの件がきっかけでRSSリーダーまわりについていろいろと考えなおしております。

全アイテムを確認できる環境がほしくてリーダーの自作を考えたりしましたが、出来そうなんだけど、実際に稼働できるまでには時間がかかりますし。試しにクラウドメモ帳として使用しているbeaserCMSのFeedプラグインを使って、数アイテムのRSSを読み込むようにしてみましたが、読み取りに行くのに時間がかかってサーバー負荷が気になりだしましてヤメ。

ここで、よくよく考えてみますと、登録アイテムの半分は個人の方が趣味をつづっている趣味日記でありまして、これらはそれほど更新頻度は高くなく、週一ぐらいでチェックしても十分な感じ。

それらは、自分がいろいろと検索している中で見つけた、その当時は知りたかった情報をつづってくれていたブログで、ブックマーク代わりにFeedlyなどに登録したサイトでありまして、積極的に毎日情報を取りにいくサイトというよりは気になったときに確認できれば十分かもしれません。

実際、ここ数日観察してみると、FeedlyやInoreaderに登録していても、それらサイトの更新された記事はタイトルだけ見て読まないことが多く、結局決まったサイトを確認するばかりでしたし。

という意味ではPCブラウザの拡張機能であるfeedbroで十分なんですが、なんとなく外出先からもサイトを見たいということがありまして。

そこで、気になったときに参照できるようにブックマークとして記録しておくことにしました。サイトのアドレスさいなくさなければ、いつでも参照できますから。

更新頻度が大変高いニュースサイト以外は、baserCMSで運営しておりますクラウドメモ帳にbookmark用のページを作成して登録しておき、気になったときに閲覧するスタイルに変更してみようかと思います。

更新頻度が大変高いニュースサイトなどはFeedlyで確認する。

自宅でPCを使用しているときはfeedbroでフルアイテムを確認する。外出先では隙間時間でFeedlyでニュースサイトを確認する。Sylfeedは外出先でもフルアイテムを確認したいときかなぁ。
 

Inoreaderおまえもか! 気が付いたらInoreaderもアイテム数に制限ができていた
いつも情報収集に使用しているのはfeedlyとinoreaderでして、inoreaderは気になったサイトをどんどん登録しておき、その中でも頻度よく確認するサイトをfeedlyに登録しております。そのinoreaderなのですが...
【RSSリーダー難民】膨大なアイテムを購読できるRSSリーダーはどこに?
先日、Inoreaderに購読アイテム数の制限ができたと書きました。わたしの購読アイテム数は550程度となっていまして本来なら課金が必要なレベル、Inoreaderを使い続けるためにアイテム数を削減するとしても、1/4程度まで削除...
【RSSリーダー難民】スタンドアロンのRSSリーダーとしてfirefoxの拡張機能feedbroを使うことにした
先日、RSSリーダーについて書きました。アイテム数550にもなるアイテムリストを運用していくにはスタンドアロンしかないと。iPhoneではsylfeedがありますのでそれを使い続けるとして問題はPCですね。スタンドアロンの...