【日刊dov.】ショートカットキー酷使のコーディング作業で左小指が痛い!

みなさん、コピー&ペーストの時はどのようにしていますか?
コピー対象を選択して右クリックでしょうかね。

わたし、コピー&ペーストなどはショートカットキーで実施しているのですが、最近はコーディング作業が多くて左の小指が悲鳴を上げ始めてきました。

Unixを使っていたころの名残で、Windows機でも日本語キーボードのCapsLockキーをCtrlキーとして使えるように設定しておりまして、

コピーの時は「左小指でCapsLock(Ctrl)キーを押しながら左人差し指でCを押す」、ペーストの時は「左小指でCapsLock(Ctrl)キーを押しながら左人差し指でVを押す」という流れで。他のショートカットキーも大体同様に左小指でCapsLockを押さえながらでサクサク編集しております。

これはこれで、手を大きく動かすことなく作業できるので便利なのですが、頻度が高くなると小指の負担か増えるという問題がありまして。

ここ1ヶ月程度はコーディング作業が多く、そうなるとコピー&ペーストの頻度も高くなりまして、小指の負担が増えてきて痛くなり始めてきたということで。

しばらく小指を使わずにコーディング作業をすれば回復すると考えまして、Ctrlキーを左側ではなく右側のキーを右手で押すように意識しているのですが長年染みついたクセいとうやつで気が付いたら左小指を使用しているし、右Ctrlキーは慣れていないのでどうしても目視確認しながらCtrlキーを押すことになりサクサクと作業できずにイライラがたまってきて。

どうしたものか。

手を使ってコピー&ペーストするからいけないのであって、ここは思い切ってマウス操作だけで作業するようにすればいいのでしょうかね。

しばらくはコーディング作業が続きそうなので、何か対策を講じないとやばいですね。

みなさん、コピー&ペーストはどうされていますか?