読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

冷遇されがちだからガラケーのかわりにSIMフリースマホを選択してみる

皆さん、今のケータイ・スマホってもう長く使われていますか? docomo・au・softbank、今のケータイ会社は使われて長いですか? 最近だと2年で実質0円の割引がなくなってしまうので、 2年ごとで買い替える・MNPされる方多いですよね。

わたし、ガラケーのキャリアはdocomoを使っています。 かれこれ10年以上、気が付けば。

スマホやiPhoneだとカケホーダイプラン+データ定額プランを使っていると 継続利用10年以上だと少しの割引があるのですけど従来プランだとないんですよね。

継続使用の割引はヘビーユーザーのみ恩恵あり

docomoのスマホユーザーで長期継続利用者ならカケホーダイやカケホーダイライトを選択すると データ通信の料金に割引が適応されます。

10年以上だと、もともと5000円のデータMパック(5GB)プランが600円割り引かれて4400円で利用できます。 データSパック(2GB)は適応されず。 15年以上使用すればデータSパックでも600円の割引が適応される。

スマホ利用者の6割以上が月に3GB以下の通信しかしないことを考えると、 これって長期利用者でデータ通信を多くするユーザーじゃないですか。

ちょっとメールしたりSNSしたりする程度のユーザーは割引の恩恵がないんですよね。

ガラケーは冷遇

ガラケーにいたってはさらに冷遇されます。

従来プランだと基本的に継続利用の割引ってないんですよね。 ひとり割50などの2年縛りを適応しなければあるんですけど元々が高いし。

さらに機種自体の購入金額でもスマホよりも割引がすくない。

スマホだと月々サポートで実質0年とかもあるじゃないですか、 でもガラケーだとないんですよ。

オンラインショップで調べると、 最新のP-01Hなんて本体が3万円ぐらいなんですけど月々サポートで割り引かれるのは1万円程度。 残りの2万円は月々こつこつと返済していくことになります。

オンラインショップだとガラホは実質負担額が1万円程度でその他のガラケーは1万円から2万円程度。 docomoの戦略が垣間見れる・・・。

まぁ、実質負担額が2万円というとスマホでは当たり前かもしれませんが、 スマホがもっと月々サポート受けているのにガラケーはそれよりも全然少ない。

SIMフリースマホ+MVNOのが幸せになれるのでは

ここまでくると「毎月沢山利用してくれる人は優遇しますよ、少ししか利用しない人はそれなりに」ともとれる。

ガラケーのメリットって月々の料金が安いだとかバッテリーの持ちだとか話がしやすい形とか。

月々の料金でいうとほとんど会話しないしネットもしない人であればMVNOの安いプランを選択すればそれよりも安くなる。

MVNOになるとSIMフリーのスマホを使うことになる。 バッテリーの持ちに関していえば、頻繁に使わなければガラケーほどじゃないけど持つだろうし。

積極的にガラケーを選択する必要がなくなってきたんじゃないだろうかと思えるんですよね。

月々サポートなくても機種本体が安いから一括で購入できる価格だし。壊れたら新しいのを買えばいいと割り切りもできる価格だし。

トラブルがあってもちょっとITリテラシーがある方ならGoogleで検索すればなんとかなる。

大手キャリアのガラケーを選択するよりSIMフリースマホとMVNOを選択したのが幸せになれそうなんですよ。

まとめ

もちろんキャリアには品質や安定感などもありますけど、ここまでMVNOが一般的になってきた今ならガラケーのかわりにSIMフリースマホを選択するってのもありですよね。

スポンサーリンク