【日刊dov.】自分専用のクラウドメモ帳(非公開ブログ)のワークフローを考える

先日から話をしている非公開のWordpressを利用した自分専用のクラウドメモ帳についてですが、使っていかなければ問題点も見つけたせません。

そこでブログ作成フローの中での使用方法を考えてみました。

結論から言ってしまうと「workflowyやdynalistでネタをまずは収集して膨らませて、クラウドメモ帳上で文章としての体裁を整え、細切れ時間でも執筆できるようにiPhoneのアプリを活用する」という具合です。

今回はこのあたりをまとめてみます。

スポンサーリンク

ワークフロー

まずはブログ執筆にクラウドメモ帳を使う場合を考えてみます。

1.workflowy・dynalistでの素案作り

  • ブログのネタだしとネタ集め
  • それぞれの項目について書きたいことを箇条書き
  • 文章の構成を考え、トピックの移動

2.クラウドメモ帳で下書き

  • 非公開ブログにworkflowy・dynalistからコピー
  • 単語と短い文章中心だったのを一つの記事の文章として仕上げる
  • markdown形式で体裁を整える
  • アマゾンのリンク等を付ける

3.公開サイトに投稿

  • クラウドメモ帳から公開サイトにコピー
  • アイキャッチの画像を付ける
  • カテゴリーを設定して公開

クラウドメモ帳がwordpressかevernoteの違いだけ?

当たり前と言えばそうですが、途中の下書きを書き上げるツールが、evernoteから非公開のwordpressに変わっただけのワークフローです。

evernoteですと執筆をしやすくするためのアプリがありますので、wordpressで都合のいいアプリが見つかるかどうかですね。

ひとまず、iPhoneはPressSync、Fireタブレットはwordpress公式アプリで試行していこうと思います。

まとめ

「じゃ、evernoteでいいのでは?」とは言わないで、もう少し試していこうかとおもいます。

関連記事

【日刊dov.】自分専用のクラウドメモ帳が欲しいと考えたわけ
日々の出来事をとりとめもなく書いた記事です。・先日、自分専用のクラウドメモ帳としてwordpressを一つ立ち上げたと書きました。この自分専用のクラウドメモ帳が欲しいと考えるようになったわけですが、Evernoteとかクラウドのメモ帳がどう
【日刊dov.】自分専用のクラウドメモ帳を作るために四苦八苦
先週は本も全然読めていなかったですし、ブログの投稿もできなく。その代わりに自分専用のクラウドメモ帳を作っておりました。自分専用クラウドメモ帳と言っておりますが実際のところはブログ。ブログをクラウドメモ帳として使うとどうなんだろうと思いつきま