読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

たすくまのチェックリストから外部アプリを起動してライフログの記録を半自動化

会社以外のタスク管理して24時間トラッキングツールとしても利用している「たすくま」。もう、わたしにとってはこれがなくては何もできないアプリになってきております。

「たすくま」を使いはじめてからかなりになるのですけど、最近「たすくま」のチェックリストから他のアプリが起動できることに気付きました。ヘルプを読んでいないのバレバレですね。

今更なんですけど、今回はこの辺りをまとめてみます。

チェックリストからアプリが起動できる

「たすくま」にはタスク名をダブルタップすると表示されるチェックリストを付加することができます。このチェックリスト、チェックするとコメントとしてチェックした項目が表示されるようになっております。

この便利なチェックリストなんですけど項目をチェックするだけではなく、外部アプリの起動やFoursquareでのチェックインさらに電話やショートメッセージの送信まですることができるんです。

起動する外部アプリはURLスキーム指定で設定なので、使用したいアプリのURLスキームを調べておく必要があります。Googleさんに聞くとURLスキームをまとめてくれているサイトがありますので、それらを参考に使用したいアプリのURLスキームを調べて「たすくま」へ入力しておく。

アプリの起動はチェックリストの共有から開き、外部アプリで処理して「たすくま」に戻ってくると自動的にチェックリストにチェックされています。

この機能を使えばあるタスクに関連したアプリ起動の動作が少しだけ自動化できますよね。

ライフログの習慣化にいい

そもそもなぜこの機能を見付けたというと、体重測定という毎日のタスクに対して測定後にRecStyleというアプリに記録、その後にそのスクリーンショットをツイートするというのをセットで実行したいとチェックリストを設定していたからでした。

実際の行動としては以下の感じ、体重測定というタスクのステップ数が多くて面倒で。

  1. チェックリストを確認して

  2. ホームボタンで戻りRecStyleを起動・入力・スクリーンショットを取得

  3. チェックリストを記録する

  4. ホームボタンで再び戻りTwitterを起動してスクリーンショットをツイート

  5. チェックリストを記録する。

今では「たすくま」のチェックリストからアプリが起動できることがわかりましたのでステップが少しすくなく

  1. チェックリストからRecStyleを起動・入力・スクリーンショットを取得

  2. 「たすくま」に戻りTwitterを起動してスクリーンショットをツイート

  3. 「たすくま」に戻るとチェックリストがチェックされている。

ライフログって毎日の記録なのでなるべくなら記録自体を面倒にしたくない。

体重測定というタスクに対して、測定後アプリに記録、ツイートをセットにしたい。でも、以前のわたしの方法だとステップ数が多くて多分長続きしなかっただろうと思います。

少しでもステップを少なくすれば、その分面倒なことも少なくなって、アプリの起動という行動もたすくまに従っていれば自動的に実施できるし、ライフログの習慣化にこのチェックリストからのアプリ起動って最適じゃないかと思います。

まとめ

URLスキームでアプリを起動ということは、起動だけではなく起動後の動作も設定できる場合もある!

この機能を活用してどんどん習慣化行動を自動化できたらいいなぁ。

ライフログ用の写真を非公開Instagramへ投稿することにしたよ

最近わたしの中でライフログが盛り上がりつつあります。

Facebook、Twitter、ブログの更新など情報を非公開Twitterアカウントへ集約してライフログとしてMomentoで眺めております。

ネット活動中心のログでしたので写真はあまり使用しておりませんで、写真を投稿したいときは非公開Twitterアカウントへそのまま投稿しておりましたが、先日からInstagramへ投稿するようにしました。

そのままTwitterでもよかったのですけど。

今回はこのあたりをまとめてみます。

写真をTwitterではなく、なぜInstagram

きっかけはレビューに使用しているMomentoがInstagramに対応していることから使ってみようと思い立ったことなんですけどね。

ライフログとして使用するには非公開で使用したのですけどInstagramではそれができないと思い込んでおりまして。しらべてみるとそうでもなくTwitterと同様に非公開で運用できる。

それだけならば今まで通りにTwitterで十分だと判断するのですけど、もう少ししらべてみるとTwitterとInstagramで投稿されて写真の圧縮具合が異なることがわかりまして。

どうもInstagramのが圧縮でのロスが少ないらしい、Twitterはまだよい方で、Facebookはさらに画質が落ちてしまうらしい。

写真って残すために撮りますよね。その写真が圧縮によって画質が落ちてしまったらさみしいですから。

ライフログとしてSNS上に残す写真はInstagramを使用することにしました。

あと、Instagramへは写真を投稿しているのですけどアプリに記録したスクリーンショットはいまだにTwitterに投稿しております。

スクリーンショットは書いてある内容が確認できれば十分ですからね。

ライフログとしては非公開Instagramアカウントを使う

ライフログ用のInstagramアカウントは非公開にしておきます。

非公開にするのは簡単、アプリの設定画面からできます。

ただ、完全に非公開にするのならば新規アカウントを作成して、フォローするなど外とのつながりがない状態で非公開と設定したのがいいらしいです。

既存アカウントで非公開設定しても以前からフォローしてくれている人が「いいね」してくれると、その人をフォローしている人のタイムラインから写真が閲覧できてしまうらしいです。

投稿ごとに公開範囲を選ぶことができれば既存アカウントを活用でもいいのですけどね。

InstagramとTwitterとの連携はIFTTTを使用する

わたしはライフログはツイエバ経由でEvernoteへ集約することにしているので、ライフログ用InstagramアカウントもTwitterの非公開アカウントへ集約します。

InstagramとTwitterは連携できます。InstagramからTwitter連携をするだけ。

ただ、これだとTwitterには画像URLとキャプションだけで、画像そのものはついてきません。

これではライフログとしては不十分。

Instagramの投稿を画像付きでTwitterに投稿するためにIFTTTを使用して対応することにしました。

IFTTTからInstagramでおすすめアクションを使用です。

ライフログに写真があると華やかになる

写真をライフログとして取り始めると、文字と地図ばかりだったMomentoのタイムラインが華やかになってうれしくて。どんどん写真を撮って残したくなります。

食事、乗車した列車、幼稚園からの手紙など、タイムラインに残したいと思った写真はなんでも。

後から眺めると、平凡な一日だったのに、華やかな一日に感じますよ。

まとめ

いつもと同じ平凡な日常でも、時間軸で考えれば同じ日はその時にしかない。

なるべく写真も残していこうかと思う。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

Instagram

Instagram

  • Instagram, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

Momento — プライベート日記

Momento — プライベート日記

  • d3i Ltd
  • ライフスタイル
  • 無料

ライフログについては以下の本を参考にしてます。

今週のdov. 17/05/21

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

今週は私的にいろいろありまして、アウトプットできたのは1記事!

ライフログを意識して、非公開Twitterアカウントに画像を載せることにしたよ

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

“ライフログのすすめ”

ライフログを取ることへのメリットと期待を紹介されていました。

著者のご友人が行方不明になってしまった話、将来ライフログの記録をもとに孫や子孫たちと自分のホログラムとの会話などライフログは自分のためだけでなく、他の人の役にも立つのだと発見でした。

この本をきっかけにますますライフログを残すことが面白くなってきましたよ。

習慣化

一日一新

マンネリ化してきて「なし」が目立ってきましたけど、ぼちぼち続けております。

17/05/15

良くいく本屋横のコンビニに初めて入る

17/05/16

なし

17/05/17

Instagram非公開アカウント作る

17/05/18

Googleカレンダーをダウンロードしてみた。 -> 期待した形式じゃなくて使えない!

17/05/19

なし

17/05/20

定期診察に出かける道をいつもとは全く別の道としてみた。

17/05/21

なし

まとめ

私的にいろいろありましてこの土日はぐったりでした。

来週はもっと活発に活動したい!

ライフログを意識して、非公開Twitterアカウントに画像を載せることにしたよ

非公開Twitterアカウントをライフログ用に使用しております。

この非公開アカウントにはその時の思いであったりブログ更新の情報やSwarmでのチェックイン等の情報もつぶやいていて、これだけでもその日その時に何をしていて何を考えていたのかがわかるライフログになっています。

少し前まではツイエバを利用してEvernoteにログを保存していたのですけど、Momentoを使いはじめたからはツイエバだけじゃなくてmomentoでもライフログを見返すようになりました。

ツイエバがEvernoteに作成するログよりもMomentoだと見返すのが簡単なので日に数回は眺めています。

Momentoでライフログをレビューするようになって画像が欲しくなりました。

MomentoでTwitterやFacebookの投稿を眺めるようになって思ったのが「画像があったのが面白いな」ということ。

だから、ここ数日、画像も非公開アカウントに積極的に投稿するようにしております。

残している画像は?

今メインに投稿しているのは、体重を記録しているRecStyleとか、習慣化を記録しているGood Habitsなどのスクリーンショットです。あと、ひまわりを栽培しはじめたのでその写真なども投稿しているかな。

自分の体重とか習慣化達成具合とかライフログとして保存しておくと、前後関係が他の情報から類推できてレビューの時に役に立つのかなと思っております。

さらにはレシートや各種紙資料とか、切符・チケット類も面白いかもと思って検討中。

買い物した時に受け取ったレシートを写真にとって非公開アカウントにツイートする。これだけでも十分なライフログとなりますよね。同様に切符やチケット類も保存しておけば面白い。

食事も毎回写真にとって投稿しておけば、振り返りの時に面白いんだろうなぁ。

画像を投稿する上での注意事項

写真を非公開アカウントに投稿する上で注意点としては画像の保存先をTwitterのサーバーにすること。

アプリによっては画像の保存先はTwitterとは別のサーバに保存させることも可能で、そのサーバを利用した時はツイート自体は非公開でも画像は公開されてしまうこととなる。アカウント名から画像を検索することもかのうだとか。

非公開アカウントで公開しずらい情報を投稿しているのだから、この辺は注意したいところですね。

Momentoの仕様なのですけど1投稿に複数の画像をのせることができるのはプレミアムカウント対応です。ですので、複数の画像を投稿したいときは1投稿1画像で複数のツイートをするようにしております。プレミアムアカウントにしようかな。

まとめ

今は非公開Twitterアカウントに画像付きでツイートしておりますが、Instagramを非公開アカウントにしてもいいのではないか?と思案中であります。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

Momento — プライベート日記

Momento — プライベート日記

  • d3i Ltd
  • ライフスタイル
  • 無料

今週のdov. 17/05/14

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

ライフログとして位置情報を残したかったのでswarmを使いはじめたよ

www.chml-iwbht.net

わたしのライフログの残し方

www.chml-iwbht.net

つぶやきがライフログになる!SNSでライフログを綴るMomentoを使い始めたよ

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

“まんがでわかる 7つの習慣”

7つの習慣はオーディオブックであったり書籍であったり何度か読んでおりますが、気分を変えて漫画でさらっと読みたくなり久々に読み直しました。

この本だけでは7つの習慣のさわりだけとなりますけど、それでも忘れていた内容などを思い出すきっかけになってくれました。

この本を読んでからより深く学ぶために通常の書籍を読む、もしくは通常の書籍を読んでからこの本で復習するという感じがいいのではないでしょうか。

習慣化

読書

毎日の読書習慣は継続中です。

もうここまで続けることができたので、面倒という理由だけではストップできないですね。

運動

少し足を痛めたこともあり今週はスロトレではなく腕立てと腹筋などの筋トレ系を軽く実施しておりました。

こちらも毎日続けることができております。

英語

眠たくても横になりながら英語を聞く。

こちらも毎日続けることができております。

一日一新

17/05/08

帰宅時にいつもと違う車両に乗り込む

17/05/09

なし

17/05/10

swarmで初チェックイン

17/05/11

Momentoにswarm連携

17/05/12

なし

17/05/13

初めてのカフェでモーニングを楽しむ

17/05/14

ひまわりの芽を間引く

まとめ

肩こりや足を痛めていたりと今週はなかなか動きにくい週でした。

つぶやきがライフログになる!SNSでライフログを綴るMomentoを使い始めたよ

最近iPhoneアプリのMomentoを使い始めました。

Momentoを使うとSNSへの投稿が時系列に集約されてくれるのでライフログには最適なのです。

今回はこのあたりをまとめてみます。

ツイエバが作成するノートは少し寂しい

先日、情報を非公開Twitterアカウントに集約してライフログとしていると記事にしました。

非公開アカウントに集約された情報はツイエバによってEvernoteに保存しております。

このツイエバに保存されたデータはTwitterアカウント自体に投稿された画像ならばタイムライン上に保存されるのですけど、それ以外の画像は保存されなくて。

たとえば、このブログの更新を告げるTweetはタイムライン上では愛キャッチの画像が表示されますけど、Evernote上のツイエバログでは画像が表示されないこともあり。

やっぱり、画像が表示されく文字だけのログってなんだか機械的な気がして寂しいですよね。

寂しいからあまり眺めなくなってしまっていまして。

そこで、以前インストールして放置してあったMomentoを引っ張り出してきて使用することにしたわけです。

Momentoのお気に入りポイント

Momentoは複数のSNSやWebサービスの投稿を時系列に並べてくれるアプリです。

対応しているサービスは主要なところでTwitter、Facebook、Instagram、Flickr、swarm、そしてrssフィードも。

アプリに登録したサービスの投稿を日付別・時系列に並べてくれるので、何気なく投稿しているいろいろなSNSが一つになる。

SNSに頻繁に投稿されている方ならそれだけでも十分ライフログになりますよね。

集められたSNS投稿は、画面上から下へ時系列で並べて表示。swarmやFacebookのチェックインなら地図表示されるし、TwitterやFacebookの画像も表示される。

特定の日付のログを見たければカレンダー表示にして見ることもできるし、1日単位や1ヶ月単位、1年単位でも可能。

また、1年前・2年前・数年前の今日はどんな日だったかもメニューから簡単に表示して振り返ることができる。

Evernoteでログを振り返る時ってログのノートを検索して見つけにいくことから、いつのログを見るのかははじめから日付指名で振り返ることになります。

でも、Momentoならばパラパラと日記をめくる感じで確認できるんですよね。これって地味に楽しいですよ。

まとめ

ログとしてはEvernoteには保存しておきたいのでツイエバも併用しつつ、Momentoで楽しみながらレビューしていこうかと思います。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

twieve.net

Momento — プライベート日記

Momento — プライベート日記

  • d3i Ltd
  • ライフスタイル
  • 無料

ライフログについては以下の本を参考にしております。

わたしのライフログの残し方

先日、位置情報をのこうそうとswarmを使い始めたことを書きました。

ネット関係で言いますとswarm以外にもライフログとして集めている情報がありますし、たすくまで24時間トラッキングもしております。

アナログでいいますとほぼ日で日記券ライフログを記録してもいますし。

今回はデジタルなライフログの集め方についてまとめてみます。

タスクはたすくまとTaskchuteで管理してGoogleカレンダーに集約

わたしは1日のプライベートタスクをたすくまで管理、会社でのタスクは別途TaskChuteで管理しております。

24時間、起きてから職場へ行き、会社から帰宅して寝て。睡眠時間も含めてすべて。

24時間記録しているのでそのログを見ればその日のことが大まかに分かる。

たすくまのログはEvernoteに転送して、またGoogleカレンダー用に変換して記録、TaskchuteのログもGoogleカレンダー用に変換して保存する。

Evernoteに保存したたすくまのデータだと実施したタスクリストが分かる程度な感じですが、Googleカレンダーを見ればその日のどのタイミングで行動したのが分かるようになっております。

後から見返す。1ヶ月前のカレンダーやEvernoteのノートを見返したりすると、たすくまとTaskchuteのログからその日に何をしていたのかとか、ちょっとした出来事についてなどが思い出すことができて楽しいですよ。

Googleカレンダー以外にTogglにもたすくまとTaskchuteのデータを入力しておりますが、Togglのレポートは見やすいので第1から第4領域まで意図せず偏りなく活動できていたのかとか、無駄な使い方していなかったのかとか、その日の振り返り用に使用しております。

非公開Twitterアカウントにその他ログは集約

ライフログ用に非公開のTwitterアカウントを1つ持っておりまして、たすくま以外のログはすべてTwitterに集約するようにしております。これはツイエバを利用してEvernoteに保存するのが主な目的ですね。

情報が一つに集まっておりますので、この非公開アカウントのタイムラインを追っていけばその日の行動を追うことができます。

具体的には、非公開アカウント以外のアカウントでのTweet、たとえばこのブログ用のアカウントでのTweetはIFTTTでその非公開アカウントへ転送して、非公開アカウントへ集約です。

先日からはじめたswarmもチェックインしたら非公開アカウントへつぶやくように設定してあります。

このブログの投稿も、投稿と同時にブログ用アカウントへTweetしておりますので、IFTTTで非公開アカウントへ転送。

Instagramも投稿と同時にTweetするように設定してありますのでIFTTTによって非公開アカウントへ転送されます。

FacebookもIFTTTを利用してその非公開アカウントへ転送するように。ただ、Facebookの場合は画像などがうまく転送できていないので、Facebookへそのタイミングで投稿したというメモ程度ですね。

RunkkeeperやそのほかのサービスもTweetする設定があれば基本的にはライフログ用のこの非公開アカウントへつぶやくように設定しておく。

もちろん、Twitterですので、そのときに思ったこと、感じたこと、イライラ、幸せ、気分、そしてメモと内面を中心に呟いておりますよ。

Googleカレンダーに記録したたすくまとTaskChuteのログは何をしたのかということだけですけど、非公開Twitterアカウントは写真であったり、運動のログであったり、どこに出かけたという情報であったり、内面を中心とした情報であったりが集まってくる。

そのときに存在した自分がそのログにはいて、こちらも見返すと楽しくて、いろいろと気づきがありますよ。

まとめ

結局、Evernoteに自分のログはすべて集まって来ているということになりますね。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

IFTTT

IFTTT

  • IFTTT
  • 仕事効率化
  • 無料

スポンサーリンク