きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

オーディオブックをはじめたいのなら対話形式の本がおすすめ

 なかなか本を開いて読むということが時間的に難しく、最近の読書手段のメインはオーディオブックとなっております。

 オーディオブックで月に4冊以上のビジネス書を読むことも増えてきたのでFebeのプラチナ会員に登録してさらによく利用するようになりました。

 オーディオブック初めての方にお勧めなのが対話形式のビジネス書です。

 今回はこのあたりをまとめてみます。

聞くだけのオーディオブックは受け身になりやすい

  オーディオブックは耳で聞く本なのです。耳さえあいていれば読書できる便利なもの。

  家事をしながら本を聞くこともできますし、通勤時に歩いているときにも聞くことができます。

  ただ、この聞くということは曲者で受け身になって聞いてしまって、聞き流すことも可能なのです。

  通勤時にイヤホンで好きな曲を聞いていることを思い出してみればわかっていただけると思うのですけど、曲を聞いている時ってその詩であったり曲調であったり、しっかり噛みしめて聞いていることって少なくありませんか?なんとなく聞いているだけ。

  オーディオブックも何かしながら耳で聞いているだけだと、意識していないとなんとなく聞いている聞き流してしまうことがあるのです。

  難しいビズネス本とか、教科書とか、書籍でもちょと気合いをいれないと読めないような本は特に意識して聞くようにしないと、聞いているうちに注意が他のところに行ってしまって、気が付いたら章が変わっていた聞き流していたなんてことも。

  考えながら聞くようにしないと簡単に聞き流してしまうんですよね。

対話形式だと話に入り込みやすい

  オーディオブックをはじめたころは考えながら聞くことって難しく。興味がある内容ならばなんとかなんですが。

 そんなオーディオブック初心者のときに出会ったのが対話形式の本。対話形式の本ならば意識して聞かなくてもしっかりきくことができるんですね。

  対話形式だとその主人公の気持になって聞くことができるのでその題材を自分の問題として聞くことができます。

  対話の内容を、論点を、考えながら聞くことができます。「そこは同意見だ」とか「いやいや、ここは違うんじゃないの?」とか、会話と会話の間にその論点に対する自分の考えを持つことがてきる。

  対話形式であるので話自体も噛み砕いてあることが多く自分の考えを持って聞いているので最後まで集中力を切らさずに聞くことができます。

  難しい本も対話形式だと飽きずに最後まで聞くことができるんですよね。

おすすめのオーディオブック

  その世界の方と比べたらわたしの読書量って全然少ないですけど、それでも対話形式で面白いと思ったおすすめの本を上げておきます。

嫌われる勇気と幸せになる勇気

   難しいアドラー心理学を丁寧に説明いただいている本書、対話形式であるためにしっかり考えて聞くことができます。

   青年の主張にうなずきながら聞いて二人の会話の間に自分なりに論点をまとめる。物語のつづきを知りたくて、アドラー心理学のことが知りたくて、最後までいっきに聞くことできましたよ。

夢をかなえるゾウ シリーズ

   二人の軽快なテンポの会話ですすんで、とりおり入るボケが楽しい。

   実はこの本、紙の書籍だと読んだことがありますが、オーディオブックでは一部しか聞いたことがなくて。

   今度は笑いながら最後まで聞いてみたいと思いますよ。

まとめ

  アメリカのビジネス書は物語形式のものがおおく、またオーディオブックも日本よりも普及しているとか。笑いながら聞ける本が多いのですかね。

 ### ・

トラベラーズノートの手帳リフィルとしての超整理手帳

先日、一週間を通したタスク計画を立てていると書きました。

わたしが使用しているフランクリンプランナーのデイリーリフィルですと一週間単位での計画が立てにくく、一週間での計画は超整理手帳を使用していると。

その超整理手帳ですが、再び使いだしてからはトラベラーズノート レギュラーサイズに入れて持ちあるいております。

超整理手帳とトラベラーズノートのレギュラーサイズは同じ高さ

超整理手帳はA4用紙の片面に8週間の予定を書き込めるようになっていて、蛇腹状に折りたたむことでコンパクトに持ち運ぶことができます。

トラベラーズノート レギュラーサイズもA4サイズ、A4用紙を半分に折りたたんで2/3の幅にした程度でして、超整理手帳と同じ高さサイズなのです。

重ねると高さは同じ、超整理手帳のが幅が小さく。

そこでクラフトファイルリフィルを使用しまして挟み込んで持ち歩いております。

トラベラーズノートの純正リフィルにはないメリット

トラベラーズノートにも週間ダイアリーリフィルがあります。

能率手帳のように左にはスケジュールで右にはメモの「週間+メモ」リフィル、スケジュール欄がバーチカルの「週間バーチカル」リフィルが。

でも、あえて超整理手帳を使用するメリットは以下の3点ですね。

  1. 価格が安い
  2. 8週間を一度に確認可能
  3. コンパクト

1.価格が安い

たとえば、純正の週間バーチカルリフィルは1年分で1800円ほどになります。日付が入っていないと半年分で700円。

これに対して超整理手帳は1300円ほどで購入可能です。

少しだけですけどお安いでしょ。

2. 8週間を一度に確認可能

超整理手帳の特徴の一つですよね、一度に8週間を確認できる。

週間バーチカルでも週間+メモでも、純正リフィルは開いた2ページで1週間分を表示します。これはトラベラーズノートだけの話ではなく、一般的な手帳もこうですよね。

超整理手帳は8週間を確認できるので、2月単位での大きな視点で予定を確認できる。

かたよりなくタスクの予定を組んでいくためには広い視点で見ることができたのがうれしいのです。

3. コンパクト

超整理手帳はA4の紙の片面に8週間、両面で16週間のスケジュールを管理することができるようになっています。

A4用紙を4つ折りにして持ち運びますからとてもコンパクトなのです。

一般的な手帳の厚さと超整理手帳のリフィル4枚(1年分)の厚さを比べるとそのコンパクトさがよくわかります。

これでけコンパクトなのでいつものトラベラーズノートに追加しても苦にならない。

超整理手帳にも純正のカバーがあるけど

超整理手帳にも純正だったり対応するカバーがあります。

わたしもはじめは純正カバーを使用していました。

ただ、純正のカバーに入れてしまうと手帳として独立してしまうのですよね。

カバーに入れたことによってA4のリフィルを一つの手帳として管理しなくてはいけなくなる、カバンにトラベラーズノートと超整理手帳を入れる必要がでてくる。

トラベラーズノートの超整理手帳を入れておけばトラベラーズノートだけをカバンに入れればいいのです。

少しのことだけど楽でしょ。

まとめ

来年用に超整理手帳を購入しましたが引き続きトラベラーズノートに入れて持ち運ぶ予定です。

今週のdov. 17/11/12

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

今週は2記事のみとなってしまいました。

URLからはてなブログのブログカードを作成する2つのアクションを一つにしたよ

www.chml-iwbht.net

親指シフトを開始して5ヶ月たちました

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

"史上最強の人生戦略マニュアル(オーディオブック)"

オーディオブックで聞いていたのですけど、本書の最後のワークをするために書籍版も欲しくなりました。

人生は自分の意思で変えていくもの。今の人生もこれからの人生も自分で選択して選んだもの。

これからの人生を選ぶためにどうしていくべきか。それが熱い言葉で語られておりました。

習慣化

今週は家族でお出かけしておりましたので週末の習慣化タスクはお休みとしております。

読書

土日以外は毎日読書しております。

運動

こちらも土日以外は毎日実施。今週はスロトレ実施率が高くて金曜日だけが腕立て・腹筋の軽いメニューで残りの日はスロトレでした。

英語

リスニング

金曜日から日曜日の3日間以外は実施、ラジオ英会話を聞くことができております。

リーディング

DUOの単語学習を中心として、土日以外は実施できました。

一日一新

17/11/06

なし

17/11/07

詳細は書けないけど大きな出来事

17/11/08

Googleのフォトスキャナ DL

17/11/09

なし

17/11/10

なし

17/11/11

キャンプイベント参加

17/11/12

初めての立ち寄り湯

まとめ

どうも更新が停滞気味な感じです。

来週はこの流れを変えれるようにしていきたい。

親指シフトを開始して5ヶ月たちました

6月のはじめから鍛錬をはじめた親指シフト。習得を目指してから5ヶ月たちました。

親指シフトの習得に向けてモチベーションを上げるのには少しでも成長した成果を自分で確認することが一番効果があるのではないかと考えておりまして、今月もどの程度打鍵速度が向上したのかを確認してみました。

測定方法

打鍵速度の測定方法はこれまでと同様にNICOLA派宣言のsection3を打つ時間を測定します。

section3は191文字ですので打ち終わるのに76秒であったととすると1分あたり150文字/分ということになります。

親指シフトとしての目標は今のローマ字入力と同等の120文字/分、ここまでくるとキー入力に思考が邪魔されないのではないかと。

こちらが今回の測定結果、比較のために今までの測定結果とローマ字入力時の結果も表示しております。

一ヶ月後200秒57文字/分
二ヶ月後156秒73文字/分
三ヶ月後158秒72文字/分
四ヶ月後124秒92文字/分
今回(五ヶ月後)106秒108文字/分
【参考】ローマ字入力97秒118文字/分

とうとう打鍵速度が100文字/分を越えました。やった!

日々の鍛練の結果が確実に成果として表れていてうれしい。

考察

最近ではNICOLA派宣言を使った練習はあまりしておらず、その代わりにほとんどの日本語入力を親指シフトで行っております。

会社ではずっと親指シフトで過ごし、自宅でもPOMERA DM100を使用できるのならば親指シフトで入力しております。

会社では考えをまとめるのにテキストエディタを使用しておりまして、これがわりと長文になったりして。長文を入力する機会を増やしたのがかなり鍛錬になっているのではないかと。

最近ではNICOLA派宣言以外に青空庭園の文月かずなさんが作成されたWebサイト「親指タイピング」でも練習しておりまして、ここが打鍵速度と誤入力率がわかって自分の課題がわかりやすく。

NICOLA派宣言をひたすら入力するだけではなく、楽しんで鍛錬できる環境ができたことも良かったかもしれません。

oyayubi-typing.solaniwa.net

さらに打鍵速度を上げるには?

ここからさらに入力速度をあげるには「誤入力をどうなくしていくか」かなと。

ゆっくり入力していけば間違えを少なく入力できのるだけれども、急いで勢いにのって入力すると誤入力してしまう。正確な入力ができるようになればもっと打鍵速度が上がるのではないかと。

また、「ぁぃぅぇぉ」とか「ぱぴぷぺぽ」とかこのあたりがまだ記憶が怪しくて、今回の測定にはあまり官憲ないですけど、全体的な打鍵速度向上にはここも克服する必要があるかなと。

「ぁぃぅぇぉ」とか「ぱぴぷぺぽ」とかはわりと入力機会があるんですよね。

まとめ

指が話す感覚を体感できるように。爆速タイピングができるように。120文字/分以上で入力できるように頑張って鍛錬していきますよ。

こんな記事も書いてます

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

URLからはてなブログのブログカードを作成する2つのアクションを一つにしたよ

先日、urlからはてなのブログカード形式へと変換するtextwellのアクションにいて紹介しました。

先回はurlを変換するだけのアクション「BlogCard」と、urlの実際に開いて確認してから変換する「BlogCard2」の2つのアクションでした。

それから改良を加えまして、その二つのアクションを一つにしましたので共有したいと思います。

BlogCard3

textwell上のurlにカーソルを持っていってBlogCard3を実行すると

「文字列変換のみ」と「Webページ読み込み」のメニューが現れます。

「文字列変換のみ」をタップするとカーソルの文字列(url)をはてなブログカード形式へ変換します。

「Webページ読み込み」をタップすると内蔵ブラウザでWebページを開きますのでURLが正しかったかどうか確認、

内蔵ブラウザを閉じると「ブログカード作成」と「タイトル付きブログカード作成」のメニューが現れますのでお好きな方を選択してください。

カーソルがあった文字列を内蔵ブラウザで開いていたページのブログカードへ変換します。

こちらがソースコード

T.loadlets([
  // 1st
  {
    title:"文字列変更のみ",
    fn:function(){
      var sUrl=T.current;
      T("replaceCurrent",{text:"["+sUrl+":embed:cite]"}); }
  },

  // 2nd
  {
    title:"Webページ読み込み",
    fn:function(){
      T.closelets([
        // 3rd
        {
          title:"ブログカード作成",
          fn:function(){
            var sUrl = location.href;
            T("replaceCurrent",{text:"["+sUrl+":embed:cite]"}); }
        },
        // 4th
        {
          title:"タイトル付きブログカード作成",
          fn:function(){
            var sUrl = location.href;
            var sTitle = document.title;
            T("replaceCurrent",{text:sTitle+"\n["+sUrl+":embed:cite]"}); }
        }
      ], function(){location=T.current;} );}
  }
],function(){location="about:blank"}
)

登録はこちらからどうぞ。

Import Textwell ActionBlogCard3

統合することで1タップ増えてしまった

2つのアクションを1つに統合したことで使用する際は1タップ手間が増えてしまいました。

BlogCardのときはアクション実行だけでカーソル行が変換されていたのが、BlogCard3では同じことをするのにメニュー選択の1タップが余分に必要になる。

なので、BlogCardとBlogCard2をBlogCard3へ単純に置き換えましょうとは言いません。

作業の軽快性を優先するのならBlogCardとBlogCard2を使用する、それ以外にはBlogCard3を使用する All in Oneがお好みならBlogCard3を使用する

使用する方のお好みに合わせてどのアクションを使用するのか選択していただければよいかと考えます。

まとめ

アクションでどんどん便利になっていくTextwell、もうiPhoneでブログを書くときには手放せない道具になってまいりました。

こんな記事もあります。

www.chml-iwbht.net

今週のdov. 17/11/05

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

urlからはてなブログのブログカードを作成するtextwellのアクションを作成しました。

www.chml-iwbht.net

10月度運営報告

www.chml-iwbht.net

一週間を通したタスク計画を考える

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

この記事をまとめる段階で今週読了した本がないことに気づきました。

本は毎日読んでいるのですけど、読了までにはたどり着かなかった。

習慣化

今週は月曜日は家族で外出していたため習慣化タスクはお休みとしております。

読書

月曜日以外は読むことができております。頻度としてはオーディオブックと書籍と半々ですね。

運動

月曜日と土曜日以外は簡単な運動ですが、できております。

どうやら、筋力以上に足に負担をかけてしまったようで、金曜日から土曜日に膝に激痛が走りまして。しばらくはスロトレをすることはやめにしようかと。

英語

リスニング

月曜日と土曜日以外はMHKのラジオ英会話をメインに英語を聞くことができております。

リーディング

こちらも、月曜日と土曜日以外はDUOでの単語学習ができております。

一日一新

17/10/30

鳥羽水族館

17/10/31

なし

17/11/01

ひとりでセルフレジ

17/11/02

なし

17/11/03

なし

17/11/04

なし

17/11/05

なし

まとめ

足を痛めたのは、お医者さん曰く歩きすぎとのことですけど、もしかしたらフランクリンプランナーを入れた重い鞄をモチアルいてたのが原因かもしれません。今週は持ち歩く必要がありましたので。

両足の筋力を鍛えていかないとなぁ。

一週間を通したタスク計画を考える

最近、週次レビューの時に一週間を通した予定を考えるようになりました。

以前はその日のタスクはその日に考えていたのですけど、それだとタスクとして実施する項目に偏りが出るようになりまして。

当日にタスク検討だと近視眼的になりやすい

以前はその日のタスクはその日に考えておりました。

その日、出勤してタスクリストからどの項目を選んでtaskchuteに登録して実施していく。

この方法、一見よさそうに思えるのですけど、どうもその日だけを見て、近視眼的にどのタスクをしていこうか考えてしまうのです。

納期が厳しいとかなら仕方ないですが、納期もそれほど厳しくなく重要度も大差なく、そんな項目ばかりだとどうも偏りが出てしまうんですよね。

たとえば、昨日そのタスクを実行したのでその残像が自分の中にあって他のものよりも印象が強く今日もそのタスクの続きをしようと考えてしまう。

気が付いたら毎日同じようなタスクを実施していて他の納期が厳しくなく重要なタスクは放置してしまっていた。

こんな感じにタスクに偏りが発生してしまうのです。

視野を広げるために一週間まとめてのタスクを計画する

近視眼的にタスク計画を作成しないように、最近では月曜日の朝の週次レビューのときに一週間まとめてざっくりとしたタスク計画を練ることにしました。

個々のタスクの重要度と緊急度を配慮しながら、緊急ではなく重要なタスクをなるべく実施できるように週の中のそれぞれの日の割り当てていく。

ただ、わたしの使用しているフランクリンプランナーは一日二ページのデイリーリフィルなので、これをそのまま使用するとどうしても近視眼的になってしまいます。かと言っても同梱されているマンスリーリフィルですとちょっと範囲が広いですし。

そこで、一週間を俯瞰できるように超整理手帳を復活させ、そこで一週間のタスク計画を考えることにしております。

一週間でざっくりとしたタスク計画を作成する

実際はこんな感じ。

週次レビューのときにまずはフランクリンプランナーのマンスリーリフィルを更新です。広い視点から計画を練るために。

職場のグループウエアにある予定や納期を更新・転記して事前に準備しておくことがないかなど確認しておく。

そして、超整理手帳を開きます。まずは予定の更新、空き時間をみながら自分が使える時間のイメージを把握します。

次にざっくりとしたタスク計画を書きこんでいきます。ここでは項目だけ、その空き時間でできそうな項目数を書く程度。わたしの場合、仕事のタスクは一項目2時間ぐらいを見ておりますので、その日に6時間の空きがあるようなら3項目ぐらいを書いておく感じです。

そこまで計画したら、日々の日次レビューのときに実際にタスクを実行する時間を計画していきます。

急遽打ち合わせが入ったときなどの対応は日次レビューのときに微調していく。

週次レビューのときの計画精度がよければ日次レビューのときにはほとんと項目を変更せずにすみます。

仕事のタスクもそうですけど、出勤帰宅の移動時や帰宅後のプライベートのタスクについてもこんな感じで一緒に計画していきます。

まとめ

実際にはさらにフランクリンプランナーに記入したタスクは能率手帳に書きこんでおき持ち歩くのは能率手帳、フランクリンプランナーは自宅待機となっております。

広い視点から徐々に日々にタスク落とし込んでいくのにこのような流れで計画しております。

スポンサーリンク