読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

超整理手帳の10日目のレビュー

手帳

超整理手帳を使いはじめて10日ほど経ちました。

自宅のフランクリンプランナー上のタスクリストを職場へ持ち歩くのが主な用途で使用しておりますが、10日使い続けてみて気づいたことをまとめてみたいと思います。

8週間を一度に見渡せる

超整理手帳はA4サイズのリフィルを蛇腹式に折り畳み、8週間を見渡せるように設計されております。この8週間見渡せるのが使い勝手がいいです。

計画にはその日の計画もあるし、長い視点での計画もあります。1ヶ月後には○○の案件があるので今からコツコツと作業していかないといけないなぁとか、その日周辺だけを見ていては円滑に物事を運ぶことはできませんよね。

この長い視点用にフランクリンプランナーのマンスリーリフィルを利用しているのですけど、それと同じことが1つのリフィルでできるようになっております。

フランクリンプランナーとともにいつも使っている能率手帳ゴールドにはマンスリーのリフィルがなく、1週間単位でしか見渡せない。

職場で長期目線で見渡せるのはうれしいです。

1日のスペースは小さいのでクラウド連携必要

A4用紙に8週間を詰め込んでいるため、1日のスペースは小さくなってしまいます。スケジュールの詳細を書こうとすると全く余裕はありません。

スケジュールの詳細はGoogleカレンダーなどのクラウドツールにまかせたのがよく、超整理手帳はただスケジュールの存在を感じることができればいいと割り切って使うのがよさそうです。

わたしがスケジュール帳を持ちつつ、クラウドも使っているのはまさに同じ理由でして、能率手帳ゴールドのスケジュール欄には書ききれない詳細情報をGoogleカレンダーに記入し、手帳にはスケジュールのタイトルと時間だけを書くようにしております。

ただ、超整理手帳だとホント1日のスペースが小さいので、スケジュールが多い人はそれだけでも記入できないかもしれません。このあたりは、記号を使って書くなどの工夫が必要ですね。

メモは別に用意する

能率手帳とか高橋手帳とか他の手帳には当たり前にそろっているメモ欄が超整理手帳にはありません。

セットで購入するとメモ帳が付いてきます。スケジュールリフィルにはメモ欄はありませんのでスケジュールの詳細やメモはこのメモ帳に記入することになります。

また、メモ帳がないことを割り切って別の大きなノートを持ち歩くとか、同じサイズのRHODIAを持ち歩くという手も。また、上で述べたようにクラウドに詳細やメモを記入するという手もありですね。

まとめ

WeeklyとMonthlyの手帳の使い勝手を一つで実現しているのは使いやすいです。

クラウド連携を前提としてメインでガシガシ使うのもありと思います。

関連記事

www.chml-iwbht.net

今週のdov. 17/02/26

今週のdov.

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

iPhoneでのテキストエディタをTextForceからTextwellに移行しました

www.chml-iwbht.net

財布のカードいれがパンパンになってきたのでトラベラーズノートの名刺ファイルリフィルを導入しました

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

“自助論(オーディオブック)”

偉人達がどのようにして偉人になりえたか。とにかくコツコツと努力してきたから。

短く効率的に成果を上げるのも重要ですけど、コツコツと継続するのが大きな成果がでるのではないかと思う。

今は成果がでなくてもコツコツとやっていこう。

“成功のコンセプト”

スピード感、プロフェッショナル、ワークライフバランス。

やはり起業した方の話は熱いですね。自分はいかに生ぬるい状況なのか、刺激を受けました。

習慣化

読書

毎日、オーディオブックか書籍かに触れることができております。

暇さえあれば本を読むを実践中です。

運動

今週は調子が悪くて、1日だけ運動は中止としました。

英語

調子が悪かったのもあり時間を割くことをせず、今週は2日だけ実施です。

メインの習慣化項目だったらこの数字はアウトですね。

まとめ

運動と読書はこの調子、パーフェクトを目指す。英語は3回以上実施。これが来週のテーマですね。

財布のカードいれがパンパンになってきたのでトラベラーズノートの名刺ファイルリフィルを導入しました

ノート 手帳 トラベラーズノート

みなさん、買い物に言ったときにポイントカードって利用されますか?

ポイントカードを行く店いく店でもらっているとすぐに財布がパンパンになるのでなるべくもらわないようにしているんですけど、それでも日に日に多くなってくる。

もう、財布に入れて持ち歩くのをあきらめて、普段持ち歩いているトラベラーズノートにカード入れを増設してそこに入れることにしました。

ポイントカードは財布でなくてトラベラーズノートで持ち歩く

わたし、ちょっとした隙間時間にメモを書いたり思考を膨らませることができるように、いつもトラベラーズノートを持ち歩いております。トラベラーズノートのパスポートサイズは鞄のすぐに取り出せるところに入れておいてさっとメモりたいときに出して。レギュラーサイズは鞄の中で待機して、思考を膨らませたいときに書く感じです。

トラベラーズノートはいつも持ち歩いていて、荷物を少なくしたときには小さなパスポートサイズだけ、それ以外は2サイズともいつも持ち歩いている。外出時にはガラホとiPhoneとトラベラーズノートと財布の組み合わせ。いつも持ち歩いております。

いつも財布と同じぐらいにトラベラーズノートは持ち歩いているので外出時に使用するカードを持ち歩くのにもってこい。買い物時に頻繁に使用するカードだったり、クレジットカードだったりは財布に入れておくとして、ポイントカードだったりは財布でなくても問題なしではないかと考えまして、トラベラーズノートに挟んで持ち歩くことにしました。

セットアップ

今回導入したのはトラベラーズノートのレギュラーサイズのリフィル。

外見はこんな感じ。

1面に3枚のカードを入れることができます。

4面で12ポケット

トラベラーズノートへインストール

こんな感じに。

以前もらった楽天ポイントカード、持ち歩くのに財布に場所がないので自宅待機でしたけど、今日からは一緒に出動できます。

まとめ

パスポートサイズだと少し小さくて持ち歩けるカードが少ないし、レギュラーサイズなら12ポケットあるので多く持ち歩けます。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

iPhoneでのテキストエディタをTextForceからTextwellに移行しました

アプリ

ブログを書いていたり、Rubyスクリプトやブックマークレットの下書きをしてみたり、iPhone上でも何かとテキストエディタを使用するのですが、最近メインのテキストエディタをTextForceからTextwellに移行しました。

TextForceはとても使いやすいテキストエディタなんですが、TextForceではできないことをしたくなりまして。

今回はこのあたりをまとめてみます。

Textforceのメリット

ずっと使っておりましたTextforceのメリットをまとめてみます。

Dropboxへ保存できる、読み込める

書いた文章はiPhoneだけでなくPCやタブレットでも編集したいと考えております。そのため、文章の保存先はクラウド上がやりやすい。

クラウドメモといえばEvernoteという意見もありますけど、わたしとしてはテキストエディタという視点で見た時に使いやすいとは言えない。

TextForceはdropboxへ保存も読み取りも対応している、オフラインでも大丈夫で、このあたり使いやすいですよね。

ボタンでカーソル移動できる

文章を入力しているだけならあまり気にならないでしょうけど、プログラムとか記述していると1文字単位でカーソルを移動させたり、文頭や文末にカーソルを移動させたりしたくなる。

TextForceだとキーボードの上にカーソル移動用のボタンがあって、文頭も文末も一文字単位の移動もやりやすいです。

TextExpanderに対応している

ブログ記事を書いているとHTMLのタグなどよく入力文字列があるもので、長いそれら文字列を数文字うちこむだけで入力してくれる。モブログするにはTextExpanderが必要だと思いますよ。

TextForceはTextExpanderにも対応してくれているのでモブログが楽になるんですよ。

Textwellのメリット

よくよく調べると実はTextforceのメリットであった内容はTextwellでも十分カバーできております。

Drobpoxの保存と読み込みは「Opne in」アクションやwinerosesさんの「Dropbox」アクションで対応できますし、カーソル移動は指一本や二本を使って思い通りに移動できる。TextExpanderにも対応している。それじゃTextwellの優位性は見られない。

TextForceにはなくTextwellだけのメリットとしてはアクションによる拡張性だと思います。

デフォルトで準備されているアクションでも十分便利なんですが、さらに小回りが利いたアクションを追加可能なのです。アクションはjavascriptで作成可能なので自分でも組むことができ、普段やっている動作をバッチ処理として組むことも可能。RubyPicoやHandyFlowyなどと組み合わせてストレス少ない作業環境を作っております。

d.hatena.ne.jp

まとめ

Textwellにはファイルという概念がないので、違う文章を書きたいときには画面上の文字を消去する必要があります。その時には画面上で指を横にごしごしするとクリアされる。この動作が消しゴムで文字を消しているみたいでお気に入りです。

Textwell

Textwell

  • Sociomedia
  • 仕事効率化
  • ¥360

テキスト編集 Textforce for Dropbox

テキスト編集 Textforce for Dropbox

  • Yutaka Yagiura
  • 仕事効率化
  • ¥360

今週のdov. 17/02/19

今週のdov.

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

運動の習慣化を初めて1ヶ月

www.chml-iwbht.net

WorkFlowyのnoteへ統合した文章をトピックへ変換する

www.chml-iwbht.net

100Feed超えしてしまっているのでFeedlyからRSSリーダーの乗り換えを考えてみる

www.chml-iwbht.net

会社でのタスク実績を持ち歩くため超整理手帳を導入しました。

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

“マインドマップ読書術”

どこかで読んだことある内容だったので、もしかしたら一度読んだことあるかもしれません。

マインドマップを活用して読書をする方法を中心に紹介されておりました。

マインドマップと読書、一度試してみようかと思います。

習慣化

読書

オーディオブックか書籍で読書することができております。平日はあまり書籍を読む時間が確保できていなく、これは次なる課題ですかね。

運動

日曜日にどうしても実施することができず。久しぶりのノルマ未達です。

英語

今週も4回実施できました。

まとめ

今週は4記事を書くことに成功。

ネタの収集と記事を書きあげる作業と、うまく時間を確保でき4記事という成果になりました。

来週もこの調子で行きたいけど・・・、どうかなぁ。

会社でのタスク実績を持ち歩くため超整理手帳を導入しました。

タスク管理 手帳

前々から気にはなっていたけど手を出さなかった手帳、超整理手帳。

今回、超整理手帳を購入しましたので、その経緯と開封レビューをまとめます。

会社でのタスク実績を持ち歩きたくなってきた。

わたしはプライベートと会社とのタスクは全てまとめてフランクリンプランナーで管理することにしております。

わたしの使用しているフランクリンプランナーはコンパクトサイズ。コンパクトといってもちょっとした弁当箱ぐらいのサイズになって、持ち歩くに覚悟が必要なサイズ。

フランクリンプランナーは自宅で司令塔として待機していただき、今日のタスクはiPhoneで写真に撮って持ち歩く、予定は能率手帳とGoogleカレンダーに書いて持ち歩くことにしておりました。

最近思うのが、タスク実施の実績を正確に持ち帰ることができない。

自宅でのレビュー時に今日実施したタスクを振り返るのですけどその時に正確に何を実施したのが、実施していないのかが思い出せないんですよね。

臨時で実施したタスク、前倒しで実施したタスク、前のタスクが予定以上に時間がかかり取り掛かれなかったタスク。

沢山のタスクをさばいているとどれを実施したのが思い出せないこともしばしばあって、何かに記録する必要を感じておりました。

なぜ超整理手帳なのか?

通常のスケジュール帳とは異なり、8週間≒2ヶ月を俯瞰して予定を組むことができるレイアウトなのに、日々の予定も確認できる。このあたりが通常の手帳とは異なっていて気になっていました。

タスク実績を持ち帰るだけならば手帳でなくてノートでもO.K.です。

計画を組む際に1ヶ月とか2ヶ月単位で見る必要が最近は多くなってきてフランクリンプランナーのマンスリーページを活用しておりました。

その視点で、タスク実績の管理にも長期視点ができるようになれば面白いのではないかと思った次第です。

まぁ、勢いで購入しちゃって、後付けの理由だったりもするんですけどね。

どんな手帳かは百聞は一見にしかず

今回購入したのは"「超」整理手帳セット バーティカル ベーシック"、手帳となるリフィルと手帳カバーとメモ帳のセットです。

カバーはこんな感じ

リフィル、カバー、メモ帳、クリアフォルダのセットになります。

リフィルはA4サイズの用紙を4つ折りにしたもの。

長辺の長さでいうとトラベラーズノートのレギュラーサイズと同じ。リフィルだけならばトラベラーズノートの革表紙に入れて持ち歩くのもありだと思います。

スケジュール欄はこんな感じ、バーティカルのスケジュール欄として使用可能であり、8週間を見渡せて予定を管理できるようにもなっている。

これからの手帳運用

今まで通りにプライベートと会社とのタスク・予定の管理はフランクリンプランナーとする。重いので司令塔として自宅で待機です。

プライベートの予定は能率手帳ゴールドで管理、各種ログや覚書も記入して持ち歩く。

会社でのタスク実績は超整理手帳で管理する。

日次レビューでフランクリンプランナーに各手帳に散らばった情報(タスク実績、予定)を集約して、翌日以降の計画につなげる。

この方向で行こうかと考えております。

まとめ

多くの書籍には情報は1元管理とありますけど、興味があるものへ手を伸ばしていると、どうしても複数の手帳になってしまうのです。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

100Feed超えしてしまっているのでFeedlyからRSSリーダーの乗り換えを考えてみる

アプリ

みなさん、定期的に購読しているBlogの更新情報ってどのように入手されていますか?

わたしはクラウドのRSSリーダーであるFeedlyを使用してチェックしております。

今回はこのあたりをまとめてみます。

FeedlyのFREEアカウントは100Feedまで!

Feedlyは今は未課金のFREEアカウントなんですけど以前からUPGRADEしませんかとお誘いが多くて。

なぜかと調べてみれば、わたし登録Feedが470件近くありまして。FREEアカウントだと上限が100FeedなのでそのためにUPGRADEしませんかと誘われていたような。GoogleReaderからの移行時にすでに100件以上あったのでそのままのFeed数で今まで来ることができたと思うのですけど。

このままで使い続ければ、FREEアカウントの制限オーバーということでアカウント停止になっても文句は言えませんし。使いやすいサービスなので課金して使い続けるのもありでしょうし、違うサービスへの移行も手でしょうし。悩んでおります。

Feedlyのうれしさ

わたしが主にRSSリーダーでBlogの更新情報をチェックするのはPC上のブラウザ、iPhone、Fireタブレット上とマルチデバイス・マルチOSでチェックしております。

マルチデバイスですのでクラウド連携できないと同じ記事を何度もチェックすることになりますから使い勝手が良くない。クラウド連携が便利なんですよね。

また、Feedlyの場合ですとiPhoneでもAndroidでもFireOSでも公式アプリが公開されていて、マルチOSでも使い勝手が同じ、同じ指捌きで読み進めることができる、ブラウザでも同じ使い勝手で使うことができるのでOSを考える必要ないです。

クラウド連携でOSを跨いて使うことができる。Feedlyが今のところ一番使いやすいんですよね。

乗り換え先を考えてみる

GoogleReaderから移行して今までずっとお世話になってきたFeedly、課金してFeedlyを使い続けるのもあり。

とはいえ、これをきっかけに新しいサービスも利用してみるのもありということで乗り換え先を少し探してみました。

今回は「クラウドサービス」「ブラウザで使用」で最近試したものを上げます。

Live Dwango Reader

reader.livedwango.com

国産のRSSリーダーであるLive Dwango Reader(LDR)、実はLivedoorReaderの時代から、GoogleReader以前から使い続けております。

公式アプリはなくて、有志によるアプリが公開されています。

登録Feed数に制限はなく、ブラウザから利用できるのでマルチデバイスでの使用が可能です。

一時はLDRをメインのRSSリーダーに据えておりました。

乗り換えた理由はLDRだと、どうもサーバーが込み合ってアクセスできない時がありまして、それで離れていったわけですけど。最近はそうでもなく、Feedlyもアクセスできないこともありますしね。

Feedlyから乗り換えするとしたら、以前から使っていることもあって、今のところもっとも有力候補です。

Inoreader

www.inoreader.com

GoogleReaderの置き換えとしてFeedlyの次によく名が上がるRSSリーダーです。

こちらは公式アプリがマルチOSで存在しておりますし、ブラウザからも利用が可能、登録Feed数には制限もありません。

Feedlyとちがって日本語でのUIがあるので使いやすいですね。

ただ、どうやらFeed更新をチェックする巡回が不人気サイトだと24時間に1度程度になってしまう場合もあるらしく。わたしがFeedlyに登録しているサイトはそれほど登録ユーザーがいないサイトばかりなので、このあたりが少し不安ではあります、実際に経験してみないとこれはわからないかな。

Feed Watcher

feedwatcher.net

My YahooのRSSリーダー乗り換えとして名乗りを上げた国産のRSSリーダーです。

PC上だとFeedyやLDRのようにリストから選ぶのではなく一面に更新情報が表示されて確認するタイプ。各更新情報をクリックすると配信元が開く、Feed Watcher上で読むことができるのではなくて配信元を読む感じです。

こちらもアプリではなくブラウザで使用するタイプで、PC上とスマホでそれぞれ最適化された画面で読むことができます。

FeedlyやLDRにあるフォルダという概念はなくて、20個作成できるページをフォルダ的使用とするイメージでしょうか。

少し使ってみたのですけど、登録Feed数の上限が200件ということで、わたしのFeedlyのFeedリストをそのままではImportできなかった!国産ということで期待していたんですけど、メインとしては使えないかなぁ。一画面でざっと更新情報を確認できるのはうれしいのですけど。要件を絞って使い込んでみるのもよさそうですけどね。

まとめ

Feedlyを使いつつ、今使っているLive Dwango Readerを使い込んでみてどうするか悩んでみようかと思います。クラウドにこだわらなければスタンドアロン型のRSSリーダーを使うという手もある、さらに悩んでしまいます。

feedly.com

スポンサーリンク