読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

PILOTのBRF-8Fが生産終了、代替品で悩む

文房具

手帳やノート記載のためにロットリングのトリオペンという多機能ボールペンを持ち歩いております。

それなりに日々書いているので黒のインクが良く消費します。

黒インクは純正リフィルを使用するのが一番確実なんでしょうけど純正品は国産品と比べて高いし近所の文具店では手に入りにくいし。トリオペンは4C互換のリフィルを使用しておりますので他社のリフィルを使用できるので、入手性と価格からずっと最近ではPILOTのBRF-8Fというリフィルを使用しておりました。

BRF-8Fが販売終了に!

最近、近所の書店の文具コーナーをのぞくとBRF-8Fがないんですよ。数店舗めぐってみてもない。なんでだろうと公式HPを確認してみたら販売終了の文字が!

だから近所で見つからなかったわけなんですね。

PILOTのHPを確認するとどうやら後続のリフィルはBRFS-10Fでアクロインキを使用したもの。このインク、最近人気の低粘度インクを使用しているものでして。

この低粘度インクがちょっと曲者なのでこれからどうしたものかと悩んでおります。

低粘度インクは長期保存が心配

低粘度インクで有名なのが三菱のジェットストリームですね。とても書きやすくて一時期は常用しておりました。

でも、このジェットストリームには時間が立つと裏抜けしてしまう問題がありまして。ブログなどweb検索してみると、ほぼ日手帳やじぶん手帳との組み合わせで使用していたら1年後には裏抜けしてしまっていたという例がよく見つかります。

わたしにとって手帳は予定を書き込むだけでなく、ライフログ的な要素もあります。手帳は毎年更新していくものですけどずっと保存しておいて時折眺めていたい。手帳は長期保存前提なのです。

ジェットストリームの裏抜け問題は大きくて長期保存という視点では使用を遠慮したい。

アクロインキも低粘度インクということで、ジェットストリーム同様に長期保存していたら裏抜けしてしまうのではないかと懸念してしまう。なるべくなら使いたくないと今は考えているわけです。

旧油性インクのリフィル選びで難航

長期保存を考えると低粘度インクのような新油性インクではなく、昔からある旧油性インクを使用したい。

まだ4C互換の旧油性インクを使用したリフィルを生産しているメーカーがありますのでネットを検索すればショップサイトで購入することができます。三菱のSE-7やぺんてるのKFS7などはまだ購入可能。

ただ、この辺のリフィルとなるとネットで見つかっても近所で入手が難しくなってきます。近所で4Cリフィルで販売しているのはゼブラの4Cシリーズか三菱のジェットストリーム、そしてPILOTのリフィルなんです。それ以外となると少し離れたところの大きな書店の文具コーナー。

ゼブラのリフィルはわたしのトリオペンには少しサイズが合わないので使用できない。ジェットストリーム以外、低粘度インク以外の油性リフィルとなるとなかなか近所では見つからないんです。

ボールペンはよく使うもの。ネットで入手しておき在庫を常に確保しておくというのも手なんですけど、インクも長期保管しておくと劣化してきますし、できれば使用量に応じて逐次入手していきたい。そうなると近所で入手できるのがいい。

近所で入手可能で旧油性インクのもの、BRF-8Fの次に常用とするリフィルをなかなかきめることができない・・・。

まとめ

PILOTはいわゆる高級文具と言われる価格帯のボールペンのインクをアクロインキに変えています。アクロインキには自信ありということでしょうか。

ならば、アクロインキを試してみようかな。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

万年筆のキャップを紛失

文房具

普段使いの万年筆としてOHTOのSPIRITを使用しているのですけど、今朝その万年筆のキャップを列車の中で紛失してしまいました。

キャップ紛失は万年筆としては致命的なこと、もうこの万年筆を使い続けるのはあきらめないといけないかなと。

列車の中で万年筆のキャップを紛失してしまった。

OHTOのSPIRITは普段使いの万年筆として、主に通勤の列車の中とか自宅でのちょっとしたメモなどに使用しておりました。

高級な万年筆は使うのにいろいろと考えちゃいますけど、1000円ぐらいの万年筆なら気楽に使うことができますからね。

今日も列車の中でトラベラーズノートへ思考を書き留めるために使っていたのですけど、今日はなぜかキャップが取れやすい。書いているうちに何度もキャップが取れて何度も付け直して。

そこで事件が起きました。

カランといった音とともに列車の座席の隙間にキャップが落ちてしまいました。その隙間に手を入れて探ってみても覗いても、下から覗いても見つからない。キャップを紛失してしまいました。

もともと1000円で購入したものなので金銭的なダメージは少ないのですが、今まで1年半程度使ってきてましたので精神的なダメージが少しありまして。トホホホ。

高い万年筆は普段使いだと使いたくない

ボールペンならキャップがないぐらいなら使い続けることができます。持ち運び時にインクで汚れないように注意が必要な程度。

でも万年筆はキャップが必要です。

キャップがないと持ち運び時にインクで汚れないように注意することはもちろんですが、それ以前にペン先のインクが乾いてしまって書けなくなってしまう。また、ペン先をどこかにぶつけて曲げてしまったらやはり書けなくなってしまいます。

パイロットからキャップがなくてノック式の万年筆 キャップレスが出ていますが、キャップレスは1万円程度するので普段使いとして使うには初期投資が大きくて二の足を踏んでしまうんですよね。

欲しいなぁとは思っているのですが、列車など不安定な場所で落としてしまってペン先を曲げたりしたらどうしようかととか考えてしまいます。

わたしはボールペンなみの普段使いを万年筆でもしたいと考えているので、立ちながらであろうが揺れる列車のなかであろうが万年筆を使いたい。

高い万年筆だとわたしが想定する普段使いだとちょっと心配でなかなか使えないです。

この際だからペンの運用も見直してみようかと

列車の中など普段使いで万年筆を使用しているのですけど、万年筆のインクは紙を選ぶ場合があります。

わたしは自分の内面の気持ちや考えを書くためにモレスキンを使用していますが、モレスキンの紙質は万年筆のインクと相性が良くありません。書いた文字が裏抜けして裏のページからも読めてしまう。

モレスキンに書くときにはボールペンを使っていて、トラベラーズノートに書くときには気分によっては万年筆にもちかえて、と使うノートによってペンを持ちかえておりました。

万年筆の下記心地を楽しみながら書きたいのだけれどもモレスキンには難があるので仕方がなくボールペンに持ちかえている感じです。

毎度持ちかえるのも面倒なので、普段使いの万年筆の運用とか、万年筆自体をやめるとか、これをきっかけに万年筆との付き合いを変えてしまおうかとも考えております。万年筆をやめてボールペンだけにするとか、万年筆は自宅やカフェなどでの楽しみにするとかですね。

まとめ

問題が発生したときというのは何かを変えるチャンスととらえ、いままでの運用を見直していこうかと考えております。

とはいえ、万年筆の書き味にもっと浸ってもいたいのでカクノあたりでも購入しようかなぁと妄想中です。

関連記事

www.chml-iwbht.net

今週のdov. 17/01/15

今週のdov.

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

今週はなかなか時間が作れずに1記事だけになってしまいました。

運動の習慣化計画をつくる

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

"仕事ができる人はなぜデスクがきれいなのか"

最近はわたしの中では仕事場の片づけがブームでして、気になって読んでみました。

机の上も引き出しの中も、デスクが整理されていると余裕が生まれ、仕事のパフォーマンスがあがる。一度に15分として、デスクをゾーンに分けて片づけていく。鞄の中もデスクと同様に片づけてすっきりとしておく。

習慣化

今週は水曜日ぐらいから通常のライフサイクルから離れてきてしまって睡眠時間を少し削り気味。それへの返済が週末にどっと出てきてしまった感じなのです。

読書

オーディオブックや書籍など、今週も毎日読書することができました。

運動

5日間をスロトレや腹筋・腕立てなどの運動をすることができました。

会社からの帰りが遅かったため金曜日は運動できず。さらに土曜日は寝落ちしてしまったのでできず。

英語

6日学習できました。

ほとんどがラジオ英会話を聞いていただけで、2日程度はDUOで英単語の学習ができました。

まとめ

来週はライフサイクルもイレギラーなくいくようにコントロールしたい!

運動の習慣化計画を作る

ライフスタイル

昨年はなんとなく続けれていた運動なんですが今年はしっかり習慣として定着させようと思いまして習慣化に対する計画を考えております。

今考えている習慣化計画について共有したいと思います。

習慣化の目的

筋トレ代わりに毎日スロトレを実施する、毎日とにかく運動する習慣を身に着けることを目標としております。

スロトレを習慣化して筋力・体力をつける。体力をつけていき数年後には10km程度のマラソン大会に出場できたらいいなぁ。

今まで何となく続けてきたのでベビーステップはなし

「続ける」習慣によると習慣化の初めのステップとしてベビーステップが書かれております。最終ゴールよりも負荷の軽いものを続けて習慣引力を和らげると。

わたしの場合は、昨年以前からなんとなく続けられている、反発期をひたすら続けている状態かもしれないのでベビーステップでの実施はなしとしていきなりゴールである毎日スロトレ実施をすることにします。

実施の記録は手帳に

習慣化したいのなら記録はつけておいたのが、自分が歩んでいた道が確認できてモチベーションがあがります。毎日使用している手帳に実施ログをつけておくことにします。

能率手帳のガントチャートのページを利用して実施の有無をつけていきます。これなら一目で連続して実施できているのか、さぼってしまっているのかが分かりますから、今後のモチベーションへ変換しやすい。

実施が難しいときは腕立て腹筋を

とは言え、帰宅が遅くなったりして時間確保が難しい時ももちろんありますし、そもそも習慣化することに飽きてくることも考えられます。

遅くに帰宅するなどで時間が確保できない場合は、スロトレのかわりに腕立てか腹筋を10回以上実施することでその日のノルマは達成としておこうかと。

飽きてくることに対しては、土日のジョギングかウォーキングをして気分を変えることを考えています。土日にジョギングがウォーキングができればその日のノルマは達成したとする。ジョギング等ができなければスロトレを実施する、時間がなければ腕立てか腹筋を実施することとします。

トリガーはたすくま

習慣化しようとは思っているのだけれどもいろいろなタスクを片づけていたら気が付いたら寝る時間になっていたなんてことがないように、いつも使っているたすくまに運動タスクを登録しておきまして、日々のタスクスケジュールに組み込むことにします。これならば忘れていたって言い訳は言えませんから。

まとめ

とにかく毎日運動して、体と脳に運動を習慣としてインプットしていこうかと考えております。

今週のdov. 17/01/08

今週のdov.

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

今週は年始連休中の普段とは生活サイクルが異なる状況下でしたがなんとか記事を書くことができました。

2016年の振り返りと2017年の目標

www.chml-iwbht.net

辞書は電子辞書かスマホアプリか

www.chml-iwbht.net

手帳の移行は年始の隙間時間に実施する

www.chml-iwbht.net

習慣化について考える

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

"心屋仁之助のなんか知らんけど人生がうまくいく話"

女性に向けた内容が多いですけど参考になりました。

もっと自分中心で考えていこうかなぁ。

"30日で人生を変える「続ける」習慣(オーディオブック)"

最近自分の中でブームになっている習慣化です。2度目を聞き終えました。やはり1度目よりも2度目のが細かいところに気を向けられますね。

さてこれから何を習慣化していこうかなぁ。

習慣化

読書

オーディオブックか書籍かいずれかとなりますが毎日読書できております。

運動

今週は2日実施できませんでした。7日はスロトレをする時間を確保しづらかったですけど、腕立て伏せを代用して。

英語

運動の次に習慣化を狙っている英語ですが、今週は運動と同様2日実施できないのみ。DUOで英単語学習を中心に進めております。順調な滑り出し?

まとめ

連休中は比較的時間の確保ができやすいもの、やる気さえあればできるわけで、習慣化項目については来週をどう乗り切るかが重要かもしれませんね。

習慣化について考える

ライフスタイル

今年の習慣化での目標として「読書」と「運動」と「英語」と上げました。

読書は昨年気づいた習慣を維持発展していけばいいのでそれほど苦労はないはずで、問題は「運動」と「英語」です。

「なんとなく続けている」から脱却して習慣化したい

以前から運動と英語は続けておりましたが、読書に比べると習慣としては甘い部類です。1年を通じての実施率は半分もありません。どちらかというと何となく続けている程度です。

運動を続けることで体力を維持して体調管理をしやすくする、英語学習を続けることで自身の英語力をアップさせ続ける。これら二つは今後の自分の体調管理や自己投資として習慣化しておきたい項目です。

今まではなんとなく続けている程度になっていたので、ここでしっかりと対策を講じて習慣として定着させたい!

習慣化は1つづつ

最近オーディオブックで聞いている"30日で人生を変える 「続ける」習慣"によると習慣化するには1つづつとするのが成功率が上がるらしいです。運動や英語学習をしないという日常習慣から脱出するには習慣引力から飛び立つ必要がありますが、その引力はとても大きなものであるので1つづつ習慣を築きあげていくのが原則とか。

年末年始の休みでリフレッシュして目標も立ててやる気満々というところですけど、この本に従いまして運動と英語は1つづつで習慣化させるのがよさそうです。

習慣化計画を作る

運動と英語学習でどちらを先に習慣化させようかと考えた場合、自己投資としてリターンが大きい方はどちらかと考えます。英語も運動もどちらもリターンは大きいと思いますけど、将来への体調管理へ効いてくることを考えれば運動のがリターンが大きそうですので、まずは運動を習慣化させることにしました。

英語学習については目標立案したばっかりでやる気はしっかりあります。この機会を逃すのはもったいない。なので、英語はサブのテーマとして続けるがそれほど力は入れない、運動習慣が定着した後に全力で習慣化していこうかと考えています。

まとめ

"30日で人生を変える 「続ける」習慣"を読んでいると自分でもいろいろと良い習慣を定着できる気がしてきまして、運動と英語の次は何にしようかと今から悩みはじめちゃいました。

関連記事

www.chml-iwbht.net

手帳の移行は年始の隙間時間に実施する

手帳 能率手帳

みなさん、新しい手帳は使い始めまていますでしょうか? わたしも普段持ち歩き用の能率手帳ゴールドを使い始めました。やっぱり新しい手帳ってうれしいですよね。

わたしは手帳に緊急時の連絡先やクラウドサービスのIDや蔵書リストそして目標や夢などを何度も見返せるように書いておりますが、これら情報を昨年の手帳から今年の手帳へいまさら移行しております。

通常ならば年始は新しい手帳だけとスタートという所なんでしょうが、今回はこのあたりをまとめてみます。

情報は必要だが転記は緊急案件ではない

緊急時の連絡先やクラウドサービスのIDや蔵書リストそして目標や夢などはさっと手の届くところに常に持ち歩くところにあったのが何度も見返すことができますよね。昨年に能率手帳ゴールドを購入してからはこれら情報は手帳の余ったページやアドレス帳ページに記入しております。

これは情報は何度も見返したい、必要な時にさっと確認したい情報なので手帳には記入しておきたいのですけど、どうもそのためだけに時間を確保して転記するのも時間がもったいない気がしまして。ただでさえ忙しい年末の時期なので手帳転記に時間を確保するのではなくてそれ以上に重要なことに時間を使うべきだと考えました。

ただ、必要な情報ですので、年始しばらくは昨年の手帳と今年の手帳の2冊を持ち歩くことにしました。

職場での隙間時間で転記する

能率手帳自体は小さいものです。フランクリンプランナーのなんてコンパクトサイズといいながらホント弁当箱と間違えるほど大きい!能率手帳ならば2冊持ち歩いても気にならない大きさ。

とはいえ、ずっと新旧2冊の手帳を持ち歩くのもなにか違う感じがしますから、早いうちに転記はしていこうかと考えています。

いつ書き写すかといえば、連休明けの会社が始まってからの隙間時間に転記しようかと考えております。

職場に行けば意外と隙間時間があるものです。昼休憩とかちょっとした休憩時とかリラックスタイムに気分転換がてら昨年の手帳から今年の手帳へ転記していこうかと。

職場には机や4色ボールペンなどがありますので転記しやすい環境なんですよね。

まとめ

新年始まって、新しい手帳を使い始めるのも気持ちがいいですけど、まぁ、緊急案件でもないのでじっくりと手帳へ情報の転記をしていこうかと思います。

スポンサーリンク