読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

雑誌読み放題サービスを求めてKindle unlimitedを試し始めました

読書

雑誌読み放題サービスが気になり楽天マガジンを試し始めています。 初めて使ったサービスということもありますが楽天マガジンは不満なく利用しているのですけどKindle Unlimitedを試し始めました。

Kindle Unlimitedを試し始めた理由

今試行している楽天マガジンは今のところ全くの不満はございません。でもKinlde Unlimitedを使い始めたのはFireタブレットでも雑誌が読めるようになるから。

楽天マガジンはiOSとAndroidデバイスに対応していますが、わたしが使えるタブレットはFireタブレットのみ、今まではiPhoneだけで雑誌を読んでおりました。iPhoneで隙間時間に雑誌を読むのもいいのですけど、自宅でゆったりとタブレットで雑誌を読んでみたいかと。iPhoneだとやっぱり画面が小さくなんとなく隙間時間を使う読み方になってしまうんですよね。

また、Kindle Unlimitedだと雑誌以外にも電子書籍も読むことができるのでそちらも期待してということになります。気になる電子書籍を毎月数冊は購入しているのですけど、Kindle unlimitedを利用することで少しでも節約できればとの思いですね。

雑誌はいいけど書籍がちょっと

読みたい雑誌は多少の差がありますけど、楽天マガジンもKindle Unlimitedも同じように読むことができます。楽天マガジンは雑誌を読むことに特化したアプリだけあって、画面の下に全ページのサムネイルが表示されて目的にページに飛びやすかったりと細かいところが使いやすいかな。

雑誌のバックナンバーは閲覧期限がない様子。基本的には電子書籍になっていればずっと読める感じですね。

端末へのダウンロードもできるのでオフラインで読むことも可能。自宅のWifiでしっかりとダウンロードしておき外出先で読むこともできますね。

Kindle Unlimitedの対象書籍について、雑誌は比較的見つけやすいのですけど書籍が見つけにくい。FireタブレットのKindleストアを眺めているだけどだとなかなか興味ありそうな分野にたどり着くことができない。カテゴリー別にはなっているのだけれど、どうもわたしの感覚とは違うみたい。

そもそもサービスインして間もないこともあって、わたしの気になる本はまだまだKindle Unlimitedの対象とはなってみたい、Kindleストアで本を探し出してもUnlimited対象とはなっていないことが多くて。

まとめ

雑誌読み放題サービスとして考えれば約1000円は高めの使用料金、電子書籍ももっと気になる本が対象となってくれればどんどん読むことができそうなのに。

もう少しつかってみて、価格と対象書籍とを満足できそうかどうか、判断してみたいと思います。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

使い始めて6ヶ月目、UP3が壊れました。

UP デジタルガジェット

Amazonで4月に購入したUP3、歩数や睡眠の質と心拍数をモニターしてくれてわたしの体調管理に活躍してくれているんですが、早くもこわれてしまいました。

バンドが切れる

バンドの留め具の付け根からばっさり切れてしまいました。この留め具がなくても装着はできるのですけどはずれやすくなってしまう。

UPのアプリではSmartCoachで健康面のアドバイスをいただけるので重宝していたのですけど、半年で壊れてしまうのは考えものです。

先代のUPも実は半年ぐらいでボタンがとれてしまうトラブルがありまして。接着剤でつけたのですけどすぐにとれてしまう。ボタンがなくてもなんとかボタンがあった奥のところを押せば機能としては動作していたのでそのまま使っていました。

UPシリーズは壊れやすいのかな・・・。

保証でなおすか別のに移行するか悩む

購入から1年経っていないので保証期間内です。製造元のjawboneへ問い合わせれば代わりのUP3を送ってもらえる等の処置をいただけると思います。保証で無料でなおしてもらえるのならメーカーとのやりとりは面倒なんですけどこれもありかな。

でも、UP3は1年以上前に国内販売開始したデバイス。1年以上後続製品が出ていないのですよ。その間に他社の製品は世代交代しているわけで、この機会だから他社への移行も考えてもいいかもとも思い始めてしまいまして。

UP3の機能としては満足しているだけに、移行するにもどれを選んでいいのか。悩みますね。

まとめ

留め具がなくても使える、まだ悩む時間はあるということで、ゆっくり悩みたいと思います。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

今週のdov. 16/09/18

今週のdov.

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

今月の目標記事数15に対して10記事なので目標達成ペースです。さらにペースアップできるように頑張るかな。

Amazon Primeビデオは定期的にラインアップのチェックを

www.chml-iwbht.net

たすくまとTaskChuteのログをTogglに集約してみた

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

きっちり2週間で「自分の壁」が破れる!

2週間で自分の知力の壁をとっても薄くすることができる、その方法がかかれた本。

偉人の成り立ちを追体験できる伝記とか、論語など深く考えて読めるような本を読み、深く考えてみたいと思いました。

習慣化

読書

今週もほぼ毎日読めてはいたのですが、ほとんどがオーディオブック。書籍を読んだのは週末ぐらいでしょうか。

少しだけライフスタイルが変化してきたのでその影響で本を読むことが難しくなってきている。週末読めているだけ、まだマシと考えていますけど。もっと読みたいなぁ。

運動

前半は比較的スロトレをすることができた。後半は会社からの帰宅時間が遅くて断念。

土日はめいっぱい体を動かせれたから良しとする。

まとめ

最近は来年の手帳とその運用について悩んでいます、どの手帳にどの役割をもたせようかと。 少しまとまってきたら記事にしたいと思います。

たすくまとTaskChuteのログをTogglに集約してみた

タスク管理

24時間トラッキングをしております。会社にいるときはTaskChute.cloudがログを残し、会社外ではたすくまでログを残しております。

24時間トラッキングといっても会社とプライベートとべつべつにログを取っているのでまとめて集計したいと思っていまして、Togglで24時間をまとめるようにしました。

なぜTogglへ集約なのか

言ってしまえばただの自己満足かもしれない。

プライベートと会社と集計して円グラフで表記して何にどの程度時間を使っているのかを確認したかったことにはじまります。

プライベートの15時間程度はたすくまのレポートでどのように使っているのかを確認でき、会社での9時間程度はTaskChute.cloudのレポート機能で確認できます。それぞれのデータを別々のツールで見るのでもよかったのですけど、自分の24時間の中で会社での割合はどの程度なのか、趣味に使えている時間はどの程度なのかを見たくなりまして。

たすくまにツールを一本化するという方法もありますがiPhoneを触りながら仕事することは、常に遊んでいるように見られてしまう懸念があります。

では、データだけをたすくまへ集約するはどうかというと、TaskChuteのログをたすくまへインポートする必要がでてくるのですが現状のたすくまはインポート機能は実装されていないので1項目ごとに入力することになって面倒でだめ。

TaskChuteへデータ集約も同様にインポート機能がない。TaskChute.cloudはスマホでの操作が現状ではまだいまいちなのでたすくまからTaskChute.cloudへの移行はしたくない。

ツール自体をTaskChute.cloudやたすくまへ一本化するやデータログをどちらかへ集約するよりもTogglへ集約するのが手間が少ないというのもあります。

Togglへ集約する方法

TaskChuteとたすくまのプロジェクトとタグは同じものを設定しておきます。業務プロジェクト、睡眠、移動、生活、趣味など。

Togglにも同じように割り当てますが、レポートで分析しやすくするためクライアントにはプロジェクトの大分類を設定しております。業務プロジェクトA、業務プロジェクトBは仕事というクライアントに。

TaskChuteはTogglと併用する

TaskChute.cloud自体はログのエキスポート機能があります。 そのログをTogglへインポートすればいいのですけど毎日わざわざログ形式をToggl形式へ変更する手間が必要。それならばと、TaskChute操作ついでにTogglにも記録してしまおうと考えました。

ChromeにTogglボタンを導入してTaskChuteの記録のついでに赤いTogglボタンを押すようにしております。

たすくまログはCSVファイルを変換してインポート

たすくまのレポートはCSV形式でファイルを生成してくれるのでそれをToggl形式に変更してTogglへインポートしています。

ExcelでCSVファイルを開いて変換するのだと毎日では面倒と感じます。rubyで小手先スクリプトを作成してコマンド一発でToggl形式へ変換できるようにしております。

Togglへ集約したうれしさ

24hで何に時間を使っているのかよくわかる。睡眠、仕事、移動の順 Togglならレポートが強力だから、日ごと、週ごと、月ごと、項目ごと、カテゴリーごと、タグごとに集計できて自己を分析しやすい。

わたしの24時間の中で何に時間を多く使っているのかがよくわかりました。 多い順には、睡眠、仕事、移動、生活です。自分のために使えている時間が少ない!

Togglはレポート生成機能が強力です。日ごと、週ごと、月ごとにグラフ生成して視覚的に確認できます。カテゴリーごと、項目ごと、タグごとにも集計できます。

タグには7つの習慣にある第1領域から第4領域を割り当ててありますので時間の使い方の吟味ができるようになりました。なるべく第2領域を多くするにはどうしたらいいものかと。

まとめ

次の課題は集めたログをいかに分析し、いかに満足できる毎日へ変えていくかですね。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

taskchute.cloud

Toggl Work Time Tracker

Toggl Work Time Tracker

  • Toggl
  • 仕事効率化
  • 無料

Amazon Primeビデオは定期的にラインアップのチェックを

Amazon

みなさん、Amazonのプライムビデオはお使いでしょうか?

Prime会員なら動画が見放題なのでちょくちょく家事をしながらとか隙間時間とかに見ていますが、動画のラインアップが少しずつ変更されてきているのに気づきまして。

今回はこのあたりをまとめてみます。

どんどん増えるラインアップ

Amazonさんの勢いが止まらない!プライムビデオで配信される動画がどんどん増えてきていますね。

最近気づいたのがガンダムがプライムビデオの対象となったこと。以前はレンタルか購入での配信だったのですけどいつの間にかプライムビデオで無料配信!シリーズで行くと初代、Z、ZZと00と配信されるようになっていました。幼いころからよく見ていたシリーズ、懐かしさと復習のためと、洗濯物を畳みながら毎日コツコツとみております。

アニメ以外の映画やドラマでもどんどんプライムビデオの対象となる作品が増えていく。ユーザーとしてはチェックが欠かせないです。

実はプライムビデオ対象外に変更された動画も

実はプライムビデオの対象は拡大するだけじゃなくて対象外となる作品もあるんですよ。

アニメの話題でいうとエバンゲリオンが以前はプライムビデオの対象作品だったのですけど、気が付いたら対象外に。わたし今までほとんどエバンゲリオンに触れてこなく、気にはなっていたので無料ならばと少しづつ見てはいたんですけど気が付いたら有料に!続きを見るにはお金がかかるようになっちゃいましたね・・・。

今度時間ができたら見ようと思ってウォッチリストに登録しておいた作品がいつの間にかプライムビデオ対象から外れていることもしばしば。こちらもチェックが欠かせないのです。

Amazonプライムビデオはライトユーザー向け

毎月325円程度の費用で動画も音楽も見放題・聞き放題ということを考えるとしかたがないとは思いますけど、ラインアップが少しづつ変更されていくのはつらい。

好きな動画はがっつり見たいとかこだわってみたいとかいうヘビーユーザーさんはもう少し専門的なHuluとかdTVとかNetflixとかアニメならバンダイチャネルとか動画配信サイトを利用したのがいいかな。

わたしみたいに、空いた時間に少しみるとか、こだわりなくラインアップにある作品から見ていく感じのライトユーザーにはAmazonプライムビデオがお得感があっていいかなと思います。

活用するのなら定期的にラインアップのチェックをする

年間3900円で楽しめるプライムビデオ、この値段でサービスを提供してくれるだけでも十分なぐらいですけどさらに活用するために定期的にラインアップをチェックしましょう。

気になっているタイトルがプライムビデオの対象でなくても諦めない、気がついたらプライムビデオ対象になっていることがあるから。自分が見たいタイトルが無料で見られればさらにお得感増しますよね。

気がついたら無料でなくなっている場合もある、だから気になるタイトルがプライムビデオ対象になったらすぐに視聴する。

お得なプライムビデオにさらにお得感をますならば、定期的なラインアップのチェックは必要と思いますよ。

まとめ

無料視聴の範囲が不定期に変更したり、それを上回る勢いで公開範囲が増えていく。金額と利用回数を考えれば十分満足できます。我が家では地上波はほとんど見なくて、その代りにAmazonプライムビデオばかり見るようになってしまいました。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

今週のdov. 16/09/11

今週のdov.

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

目標記事数15に対して7記事なので少し早めのペースですね。もっとペースを上げたいけどちょっと無理かなぁ。

24時間タイムトラッキングをはじめてだらだらがなくなった

www.chml-iwbht.net

雑誌読み放題サービスに悩む

www.chml-iwbht.net

まずは楽天マガジンを試し始める

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術

16分割メモ、キラーリーディング、物語プレゼンテーションなどなるほどと思う内容ばかりだった。この本にあったノウハウの一つは自分のものとしてみたい。

習慣化

読書

1日あいてしまいましたが、ほぼ毎日読めている。ただ、ほとんどがオーディオブックで実際に読んでいるのは3日程度、改善してもっと読むようにしたい。

運動

二日に1回程度運動していて、続いているとはいえる。毎日実施したい。

まとめ

フランクリンプランナーの効果がでてきたのか、ここには書いていないことも含め少しづつやりたかったことができるようになってきた。ブログ、読書、運動と第2領域にあたる活動をもっと増やしていけるようにいたい。

まずは楽天マガジンを試し始める

読書 つぶやき

最近気になっている雑誌の定額読み放題サービス。先日は自分なりの選定基準をまとめてみました。結局試してみなければ細かいところはわからないということで、まずは楽天マガジンに登録してみました。

iPhoneで雑誌を読む

楽天マガジンはAndroidとiOSに対応していますので、今回はiPhoneで雑誌を読むことにしました。

隙間時間にiPhoneで読んでいたんですけど、これだと雑誌にささっと目を通す感じになりますね。画面が小さいので字は小さくて読みにくい。とはいえ、毎ページ拡大して読むのも面倒なのでさっと眺める程度。大きな文字を追っておもしろそうな記事を見つけては拡大して読んでみるとか、気になった写真を追っかけて読んでいる感じ。

ささっと見ているだけだと何も吸収することなく終わってしまうので、雑誌のはじめにある目次でお目当ての記事を探しておいてそのページを読みにいく方法がいいかもしれないです。

バックナンバーは2冊程度

バックナンバーはどの程度読めるのか気になってざっと調べてみたんですけど、最新号を含めて2冊読める雑誌が多かったですね。雑誌によっては最新号1冊だけのものもありました。

バックナンバーを読める期間はそれほど期待できそうにないので、あくまでも最新号を追いかける使い方が良さそうですね。

気に入って参考に手元においておきたいとしたら、電子書籍版か紙の雑誌を購入したのが良さそうです。

全面広告以外は紙の雑誌と変わりなく読める

バイク雑誌とか紙の雑誌を持っているのでそれと比較してみたのですけど、全面広告のページとかは読めなくなっていましたがそれ以外のページは全く紙のものと同じに読むことができました。2~3冊確認してみましたけど、わたしが気になる雑誌はこんな感じでした。

ただ雑誌によっては目次には180ページの表記があるのに、実際に配信されているものは半分程度のページ数しかないものもありました。制作側の意図もあるんでしょうかね。

オフラインはキャッシュのみ

kindleやkoboなどの電子書籍だとダウンロードしておいてオフラインで利用できるんですけど、楽天マガジンは積極的にはオフラインを対応できていないみたい。

一度読み込んだページはオフラインで表示できるんですけど、読み込んでいないページはサムネイル程度しか確認できない。キャッシュに保存できているページは表示できるみたいですね。

ラインアップは満足

気になる雑誌があるかどうかが気になるところ。ざっと確認した程度だと、普段購入している雑誌もあるし気になって立ち読みする程度の雑誌もある。気になる本がすべて配信されている訳じゃないけど、この値段でこれだけ読むことができるのならば満足といえるんじゃないかな。

まとめ

ブラウザで閲覧できなくて小さなiPhoneでの閲覧というところが今後我慢できるかどうかが問題。1ヶ月は無料でお試しができるので他のサービスと比較しつつ判断していきたいと思います。

関連記事

www.chml-iwbht.net

magazine.rakuten.co.jp

スポンサーリンク