読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

メディアマーカーに読書メモを残すメリット

読書 アプリ

わたしは蔵書管理を手帳でしております。

その前はメディアマーカーを使っていましたがここ最近はログインもしていなく、パスワードもしっかり忘れるぐらい。手帳に記録がなかったらログインできませんでした・・・。

でも、先日突然思いつきましてその放置気味だったメディアマーカーを再び使うことにしました。

インプット効率を上げるためにメディアマーカーを読書メモの場として使う

放置気味だったメディアマーカーを何に使うというと、読了後の読書メモを残す場として使う。

本を読んだらそのままでおしまいではなくて読書メモを残す、そうするとインプット効率が上がるんですよね。

わたしの場合は「今週のdov.」の中でその週に読んだ本のメモを数行残しております。

毎週「今週のdov.」 を書いているときに本についてのメモを残していたのですけど、今回思いついたのがその作業を前倒しして読了後のフレッシュな時にメディアマーカーにメモを残していこうと。

読書履歴の管理もできて、読書メモも残せて、一石二鳥じゃないですか?

メディアマーカーに残すメリット

別に読書メモを残すならばメディアマーカーでなくとも手元にあるノートでも可能ですし、書評ブログとして記事を投稿してもいい、短くてもO.K.ならばTwitterでつぶやくだけでも十分だと思います。

メディアマーカーに残すメリットをちょっと考えてみました。

読んだ履歴を管理できる

基本的に読み終わった後に読書メモを残すよう計画しておりますが、そうすると自然に読書の履歴管理ができます。

読み終わった時にメモを残すためには読んだ本をメディアマーカーに登録しておかなくてはいけない。たとえ本を入手したときに登録を忘れても読書メモを残すことにしていれば読み終わった時には登録することになります。

わたしの場合、特にオーディオブックは何度も聞きますので、聞くたびに読書メモを残していこうかと。メモ欄は1つしかありませんので、いつのメモだかわからなくなりますから、読書メモには日付を記入しておこうかと思います。

公開前提であるのでそれなりに考えてメモを書く、深く読む

メディアマーカーでは非公開設定しなければ、わたしが書いた読書メモはみなさんが閲覧することができます。

だれでも自分の読書メモを閲覧できるので、適当に書くわけにもいかず。みなさんが見る文章を書くという緩やかなプレッシャーがかかります。

このプレッシャーがあるからおかしなことは書けない、それなりに考えて、恥ずかしくないような内容を書こうという気になります。

また、このプレッシャーがありますので、本を読むときにも、それなりに考えられるように、流し読みをせず、適度に深く本を読むことに意識が向くことになる。

メモを公開するということで読書のインプット効率があがることになります。

書評ブログのようなしっかり書くプレッシャーはない

とはいえ、そんなに真剣に読書メモを書いていたのでは、そのうちにメモを書き残すことが強いプレッシャーに変わってしまい書けなくなる。

書評ブログを書く意図ならば問題ないでしょうが、あくまでもインプット効率を上げるのためのアウトプットが目的です。もっと気軽に読書メモを残すことを考えます。

読書メモ欄は大きくないですからブログ記事を書くような1000文字も必要ないです、少しだけでもいい、気軽に読書メモを残せます。

3行を目安にメモを残すことからはじめる

本を読み終わったら、オーディオブックを聞き終わったら、メディアマーカーに読書メモを残す。

その際、長い文章を書こうと意気込むと上記にもありましたが、プレッシャーになって書けなくなってしまうので、まずは「今週のdov.」と同様に3行程度の文章を残すことからはじめようかと思っています。

「今週のdov.」にはその3行をコピーして少し加工して掲載する感じ。

あくまでも、読書のインプット効率を上げるためのアウトプット。気軽に残していこうかと思います。

まとめ

今回はメディアマーカーに焦点をしぼりましたが、ブクログ等の蔵書管理サービスでも同様なことが可能ですよ。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

mediamarker.net

booklog.jp

今週のdov. 17/03/26

今週のdov.

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

ちょっと日々のタスク管理にTodoistを使いはじめてみたよ

www.chml-iwbht.net

Wunderlistで使用しているフォルダ構造を公開! Wunderlistでタスクカタログを作る

www.chml-iwbht.net

タスクカタログからたすくままで、わたしのタスクフロー

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

“手帳は2冊持ちなさい”

前半はどこかで聞いたことあるような内容だったが、後半のマンスリーの使い方が自分の使い方にはない方法で参考になりました。

細かいことを全て記録するのではなく全体の流れが見えるためマンスリー手帳を使う。プロジェクトごと、メンバーごとに欄をくぎって使う。

手帳は用途・役割ごとに変えるということらしいが、ならば手帳を複冊持つという方法でなくともシステム手帳1冊で全てをまかなうという方法でもいいのではとも考えた。

“実務入門 NLPの基本がわかる本 (実務入門)(オーディオブック)”

これで二回目の読了です。

一回聞き流しただけでは頭に入っていないもので色々と忘れていたことを気づきました。

フォーカシングとかペーシングとかリーディングとかリフレームなどはNLPというか普段の生活にも役立ちそうと気づきました。

習慣化

読書

順調に毎日書籍に触れることができております。

運動

月曜日は例外ルールの腕立てをしましたが、その他の日は毎日スロトレ実施です。

英語

今週は木・金・日と英語を聞くことができませんでした。

習慣化としてはサブのテーマなんですけど、ぼちぼち本腰入れて毎日聞ける仕組みを考えないといけないですね。

まとめ

今、生活習慣を見直しておりまして、その効果がブログの投稿数であったり習慣化であったり少しづつ見えてきた感じです。

来週もこの調子で行こう!

タスクカタログからたすくままで、わたしのタスクフロー

タスク管理 アプリ

先日、Wunderlistをプライベートのタスクカタログとして利用していると記事にしました。

今回は、今のわたしのタスクフローについてまとめておきます。

 わたしのタスクフロー

1.何かあったらWunderlistの受信箱

何か「やりたいこと」や「やらなきゃいけないこと」を思いついたらWunderlistへ記録しておきます。納期が早い項目は受信箱に登録せず直接日々のタスクへ落とし込みます。

2.週次タスクデザインで分類

日曜日の夜か月曜日の朝の週次タスクデザイン時にWunderlistの受信箱の中身をまずはフォルダへ分類していきます。

次は受信箱以外のフォルダ内のタスクをフランクリンプランナーの先週のタスクリストを見ながらアップデートしていきます。チェックモレしている実施済みの項目を確認したり、状況が変わった等でフォルダを移動したりします。

Wunderlistの更新が終わったらフランクリンプランナーに今週のタスクリストを作成します。今週やりたいことななんだろう、今週やらなければやばいことはなんだろうと考えながらタスクカタログから追加します。

3.日々のタスクデザインで日ごとのタスクへ落とす

前日の実施タスクと今週のタスクリストを見ながら日々のタスクデザインをします。

まずはフランクリンプランナーのデイリーリフィルに習慣としているタスクも含めてリストを作成します。

必要ならばたすくまにタスクを追加して、Todoistにもタスクを追加しておきます。

4.日次レビューで状況確認

寝る前にフランクリンプランナーとたすくまを開いて日次レビューです。

タスクの実施状況とか、効率的にできていたかどうかとか、だらだらしちゃった原因を考えてみるとか。レビューはまだまだうまくできないですね。

ここでタスクリストにチェックモレしているレ点を打つ、Todoistをチェックする、今週のタスクリストやWunderlistのタスクをチェックする。

5.週次レビューでまたWunderlist・フランクリンプランナーへ

今週実施したタスクを確認して、今週のタスクリストをチェックする、Wunderlistをチェックする。

完了していないタスク、取りかかっていないタスクはまた来週へ持越しでWunderlistとフランクリンプランナーに引き続き管理します。

まとめ

今のタスクフローをまとめてみました。

毎週・毎日ここにあるフローで回すことができているとは限りませんが、なるべくこのフローになるように努めております。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

Wunderlist: todoリストとタスク管理

Wunderlist: todoリストとタスク管理

  • 6 Wunderkinder
  • 仕事効率化
  • 無料

Wunderlistで使用しているフォルダ構造を公開! Wunderlistでタスクカタログを作る

タスク管理 アプリ

先日、プライベートタスクカタログとしてWunderlistを改めて使いはじめたと記事にしました。

わたしのWunderlistは基本的にはGTDの思想でタスク管理していて、フォルダ構造も大まかにはGTDに則ったものになっております。

今回はわたしが今使っているフォルダ構造についてまとめておきます。

受信箱

何かしておきたいことが思いついたら、まずここにタスクを新規作成します。分類はあとから、日次レビュー時や週次レビュー時などWunderlistをまじまじと眺めるときにしかるべきフォルダへ移動させておく。Inboxゼロですね。

次にやる

次に実施するタスクはここに分類します。

このフォルダはさらに緊急度と重要度に応じて4つのフォルダに分かれております、優先順位付けですね。

次にやる_第1領域

緊急にやらなくてはいけないくて重要度も高いタスクはこちらに分類しておきます。

まずはこちらのフォルダにあるタスクから処置していく。

次にやる_第2領域

緊急にやらなくても問題ないけど重要度が高いタスクを管理。

趣味の項目とか納期がなくてやらなくても問題ないけど自分を充実させるためにやっておくことをここで主に管理しております。

次にやる_第3領域

緊急であるけど重要ではないタスクをここで管理しております。

次にやる_第4領域

緊急でも重要でもないタスクをここで管理しております。

ただ、緊急でもなく重要でもないので、積極的にやることもなく。そのためタスクとして上がってこないことも多いです・・・。

連絡待ち

連絡があって初めて次の対応ができるタスクはこちらに分類です。

いつかやる

いつかはやってみたいこと、時間があったらやりたいことを中心に分類しております。

ここは「やってみたいなぁ」と思っているだけのタスクで、実際に行動に移していくのは「次にやる」フォルダーの項目になります。

週次レビュー時に「おっ、これやってみよう」とピンときたら「次にやる」フォルダーへ移動する感じですかね。

カレンダー

実施する日が決まっているタスクはこちらで管理しております。

毎月1回実施するようなイベントなどをここに分類しております。

まとめ

週次レビュー時に「連絡待ち」「いつかやる」フォルダーの内容を眺めながら「次にやる」フォルダーのタスクを更新しております。

基本的には「次にやる」フォルダーないのタスクをフランクリンプランナーに作ったタスクリストと同期しています。

関連記事

www.chml-iwbht.net

Wunderlist: todoリストとタスク管理

Wunderlist: todoリストとタスク管理

  • 6 Wunderkinder
  • 仕事効率化
  • 無料

ちょっと日々のタスク管理にTodoistを使いはじめてみたよ

タスク管理 アプリ

外出先でも確認できるタスクリストが欲しくなりまして

わたし、日々のプライベートタスクの管理はフランクリンプランナーを使用しております。

帰宅後はフランクランプランナーを見ながらタスクして、実施できたらレ点を打って。

フランクリンプランナーは大きいので基本的には自宅待機。

自宅にいる間はこれでいいのですけど会社にいるときとか外出時とかはタスクが確認できないことが課題でして。

たとえば、ちょっと外出先で隙間時間ができたときとかタスクを片づけてしまったりとか、コンビニで買い物するタスクがあったのにしっかり忘れてしまったりとか。

このあたりを解消するためにクラウドにコピーでも作っておこうかと思いまして、Todoistを使うことにしました。

Todoistはカルマがおもしろい

Todoistには主に習慣化しているタスクを毎日のリピートタスクとして登録、また買い物のようなワンタイムタスクも登録して管理しております。

Todoistのおもしろい機能としてはカルマという数値。

タスクをこなしていくとカルマがたまっていって、たまった数値によってカルマのレベルが初心者とか新米と中級者とかプロフェッショナルなどに上がっていく。ゲーム感覚で日々のタスクを実施することができます。

先に述べたようにわたしは習慣としているタスクも管理しているので、日々どんどんカルマがたまっていくのがおもしろい。カルマを貯めるために何かタスクを片づけたくなるぐらいです。

アプリ版だとアプリを開いたらすぐにタスク一覧が表示される、納期と優先度順に表示されるので余分なことを考える必要なくタスク実施に集中できます。

同期もはやくて、今まで使ってきたアプリの中で一番じゃないかな。すっと気がついたら同期しているので、入力した後の同期完了までの何ともいえない間がなくていいですね。

無料だと機能制限あり

わたしは今は課金なしの無料アカウントで使用しておりますが、無料アカウントだと過去のタスク実施記録を見ることができないんですね。

習慣としているタスクを管理していると過去からの実施状況を見て、連続記録達成!とかモチベーションをあげたいところなんですけどそれはかなわず、そのためには課金が必要なんですよね。

個々のタスクはプロジェクトに分類ができてるので習慣タスクとして実施している項目は「習慣」というプロジェクトで管理しています。

Todoistにはそのほかにラベルとフィルターがありまして、ラベルはコンテキストとして使用できるもの、フィルターは検索時に力を発揮するものらしいのですけど。わたしのような無料アカウントだと使えないんですよね。ちょっと残念。

タスクに関連してメモとかURLとか残したいのですけど同様に課金が必要です。

ちょっと試してみて気に入ったらしっかり課金して全機能を使い尽くすのが良さそうですね。

まとめ

実際のところ使い始めてしばらくしてフランクリンプランナーとTodoistと2重管理になるので面倒だと思っていたのですけど、ゲーム感覚でタスクを実施していけるのがおもしろくて、Todoistを続けていけそうです。

関連記事

www.chml-iwbht.net

今週のdov. 17/03/19

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

手帳にしている蔵書・読書記録の方法について

www.chml-iwbht.net

Idパスワードはクラウドじゃなくて手帳に

www.chml-iwbht.net

日々のタスクリスト以外にタスクカタログを用意する

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

“頭がいい人はなぜ方眼ノートを使うのか?(オーディオブック)”

これで2回目です。

ノートに書きながら自分のアイデアを膨らまし結論を導き出す、方眼ノートならそれがやりやすい。

今回の読書で刺激を受けて方眼ノートを職場でも試してみましたがなかなか使い勝手がいい。いつものノートよりもどんどん書ける感じがしております。

“三日坊主で終わらないジョギング入門”

ぼちぼち走りたいなぁと思うようになってきたので積読からピックアップ。

入門とあるようにまだ走ったことない人向けの内容で、まずはちゃんと歩くことから徐々に走り出すという内容でした。

習慣化

読書

読書は毎日実施です。少なくとも10分は本を読む、聞く。なんとかこれを守れております。

運動

基本はスロトレ実施として、例外ルールとして腹筋や腕立て、スクワットを実施。今週は頭痛がひどくて例外ルールばかりでしたけどなんとか毎日実施です。

英語

来月からはメインの習慣化になる英語学習。今週はためしにお風呂で聞いてみたり家事しながら聞いてみたりしておりました。

日曜日以外は毎日実施です。

まとめ

体調不良で今週は終わり、来週は体調不良で始まる。来週の習慣化項目続けられるかなぁ。

日々のタスクリスト以外にタスクカタログを用意する

タスク管理 アプリ

思いつくタスクのみ管理していた

わたしのタスク管理はフランクリンプランナーで実施しております。

日曜日の週次レビューでタスクを洗い出して翌週のタスクリストを作成、このリストに基づいて日々のタスクを実施しております。プライベートも仕事も一緒に。

ただ、このやり方だと前々から気になっていることがありまして。

それは、週次レビュー時に浮かんだタスクだけがリストに上がってくるということ。いつかやろうと思っていてやれていないことは忘れちゃってタスクリストに上がってこないということです。

そうなると第2領域の活動もどちらかと言えば緊急度の強いものだけが実施されることになって、なんだか達成感というか満足感が乏しいのですよね。

Wunderlistにタスクカタログを作る

なんだか目の前だけを見てタスクを実施していることになってしまうので、その状態を解決すべくタスクカタログを作ってみました。

用意したのはWunderlist。

フランクリンプランナーを導入してプライベートも仕事もタスクを一元管理するようになってからはめっきり使わなくなってしまったWunderlistをプライベート用のタスクリストとして活用する事にしました。

Wunderlistは、日々のタスクを管理するにももちろん使い勝手がいいのですけど、今回のようにカタログとして項目を並べておくのにも使いやすい。タスクに納期を決めておかなければトップ画面に表示して「やらないといけない!」っていうプレッシャーをかけてくることもない。無料でもタスクにサブタスクも20件は追加できしメモも記入できるし、なかなか使い勝手がいいのですよね。

ここに入っているのは多くはすぐにはする必要もなくて、納期もなくて、いつかやっておきたいと思っているタスク。たとえば、写真撮影の計画をたてるとか、ためたマンガを読むとか、自転車でツーリングに行ってみるとか。

ちなみに、わたしの場合、職場はクラウドサービスは機密関係から使用が制限されておりまして。今はWunderlistもTodolistもToodledoも使用可能なのですけどいつ使用禁止になるかもわからず。仕事のタスクカタログは職場のPC上に作成しております。

週次レビュー時にカタログからリストへ転記する

週次レビューの時にWunderlistのリストも眺めつつ、フランクリンプランナーのタスクリストへ転記していきます。

何かプライベートでやっておきたいことが思いついたらWunderlistに保存しておく。週次レビューの時に緊急度や重要度、納期に応じて分類する。そして必要なものはフランクリンプランナーのタスクリストへ転記しておく。

これならば何か取りこぼした感がなく、やっておきたいこともやらなくてはいけないこともリストに上がってきますから、達成感がでます。

まとめ

タスクカタログを作ると「自分のタスクはここにある」っていう安心感が生まれますよ。

Wunderlist: todoリストとタスク管理

Wunderlist: todoリストとタスク管理

  • 6 Wunderkinder
  • 仕事効率化
  • 無料

スポンサーリンク