読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

kindle unlimitedを使いこなせなかった。

Amazon 読書

雑誌を読みたくて検討の末にはじめたKindle Unlimitedですが2ヶ月ほどでやめることにしました。自分が考えていたほどkindle本を読まなく月の使用料金が高く感じていたため。雑誌は楽天マガジンで読もうかと。

想定以上にkindle unlimitedで本を読まなかった

雑誌読み放題のサービスを検討した末にKindle Unlimitedの利用を開始したわけですけど、利用開始当時は雑誌だけではなくて他の書籍もたくさん読めると考えておりました。

雑誌を月に3冊読むとしても月1000円は十分もとが取れる計算ですが、雑誌だけならその半額で他のサービスで読むことができます。雑誌だけが目当てならKindle Unlimitedではメリットが薄い。雑誌以外にもビジネス本やHowTo本なども読み放題で読めるところにメリットを感じておりました。

実際、これから読みたい本や雑誌やHowTo本など、読む候補となる書籍はたくさんKindle Unlimitedの対象書籍から見つけていて、後は読むだけなんですけどね。実際には雑誌以外は手をつれていないのですよ。

読むのは在庫本と図書館の本がメイン

Kindle Unlimitedを利用するようになって、ビジネス本とか実用書とかを読むつもりでいたのに、利用開始以前に自分が想定していほどは読めていない。

Kinlde Unlimitedで何を読んでいるかというと雑誌ばかり。ビジネス本や実用書は積ん読状態になっているKobo本であったり、紙の書籍であったり、図書館の本であったり。

積ん読であった本のが先に目に入って読んでいく。図書館で目についた本を先に読んでいく。Kinlde Unlimitedの本はいつでも読めるからと後回しになる。結果、いつまでも読まない状態でした。

FireタブレットとiPhoneで雑誌の読み方はかわらない

わたしの場合、タブレットはFireタブレットを利用していますので雑誌もそれなりの大きさの画面で読むことができる環境があります。Amazon製なのでAmazonサービスにも親和性が高くて読みやすい。Fireタブレットで雑誌をペラペラと目を通す、読む。「それで十分。時間ができたときはビジネス本も読めるし」と考えていたのですけどね。

FireタブレットはiPhoneに比べても画面サイズが大きいといえでも、紙で販売されている雑誌のサイズに比べれば小さいサイズで読むことになる。タブレットでそれなりに大きい画面で読むことができても誌面はそれなりに縮小がかかる。

そのままでは読みづらいから、FireタブレットでもiPhoneでもまずは誌面全体をざっとながめて、気になるところを拡大して読んでいく。この流れは変わらないわけですよ。それに気づいてしまうと、わざわざタブレットで雑誌を読む必要もないかなと。いつも持ち歩いているiPhoneで隙間時間に読めばいいかな。

iPhoneで雑誌を読むとなるとkindleだけでなく、他の雑誌読み放題サービスも視野に入ってきますから乗り換えも考えるわけです。

図書館が近くにあるのでKindleの図書館的利用はしない

Kindle Unlimitedは電子書籍の図書館という位置づけでもあり、自分が今まで興味を持ってこなかった分野や知見を深めたい分野の書籍を利用するのにもつけると考えております。

業務でExcelVBAを組みたいからリファレンスとなる書籍を借りる。読んでいた書籍で紹介されていて、少し気になったから読んでみたいとか。実際、ACCESSなどの本を借りて参考にしつつデータベースを利用はじめたこともありました。

図書館としてKindle Unlimitedを利用することもありなんですけど、わたしの場合徒歩数分に図書館がありますので、冷静に考えれば市の図書館で十分かな。

借りたい時にタップひとつですぐに参考書籍を借りることができる、タップひとつで返却完了する、とても便利なんですけどね。時間を少し作って、歩いて行けば十分ですよね。しかも図書館に行けばずらっと本がならんでいるおかげで全く関心がなかった分野の本にも手が届くこともある。

もちろんKindle Unlimitedには、実図書館と違い、最新の本がどんどん入るわけです。ただ、図書館として考えれば、必ずしも最新の情報は必要ない。知見をひろげるためのトリガーになってくれる本があればいいわけで、さらに最新の情報が欲しくなれば自分から入手に行けばいい。

図書館としての利用を考えるけど、実際の図書館でもいいわけで、Kindle Unlimitedの利点が薄くなってきてしまいました。

まとめ

手元の在庫本がたくさんあってそちらを中心に読んでいて、雑誌はiPhoneで読めれば十分で、知りたい情報・書籍は実際の図書館でも入手できる。Kindle Unlimitedは今のわたしにはちょっとあっていない感じがして、楽天マガジンを再度利用しはじめました。

11月度の運営報告

ブログ運営報告

この1ヶ月の運営報告になります。

実績

目標15記事に対して17記事と11月は目標達成できました。あまり記事が書けていなかったのですけど、ラストスパート、最終週の連投が効いたかな。

このブログに訪れてくれる方は先月と同程度なんですけど、記事の投稿頻度を考えれば上出来ですね。みなさん、ありがとうございます。

人気記事

11月の人気記事はいつもどおりこの3記事です。なかなか、これらを超える記事が書けない、精進しなきゃ。

1.今なら実質無料 docomoのガラホ SH-06Gを購入しました

www.chml-iwbht.net

2.Gmailなどプッシュ通知に対応していないメールアドレスでもiPhoneで受信を通知する方法

www.chml-iwbht.net

3.Amazonさんから身に覚えのない商品が届いてしまったらすること

www.chml-iwbht.net

目標

今月の目標も、2日で1記事のペースで16記事としたいと思います。

年末のどたばたもあってどうなるかわかりませんが、目標達成できるようにインプットとアウトプットをしていきますよ。

朝はとにかく書いて脳を目覚めさせる

ノート メモ 手帳・ノート トラベラーズノート

通勤ラッシュの時間帯を避けて出勤しているということもありますけど、朝の通勤列車は比較的座って移動することができます。

朝の通勤列車の中、車窓を眺めてぼ〜としているのもいい過ごし方だと思いますけど、わたしはずっと考えてノートに書いて過ごしております。

朝の通勤列車はひたすら書いて過ごす

わたしの場合、朝の通勤列車は、その列車の始発駅ということもあって、比較的座ることができます。

周りを見渡すとスマホで何かしらをしている方、音楽を聞きながら車窓を見ている方がいます。それもリフレッシュできたりモチベーションを高めたりとメリットがありますけど、わたしの場合はノートにいろいろと書いてすごしております。

列車に乗ったらまずはモレスキンをとりだして、ひたすらそのときの気持ちとか感情とか考えとか、自分の内面を中心にいろいろと書いております。モーニングページのようにです。ただ、モーニングページとは違ってページ数は決めていません。そのとき書ける量を書いていく。だから、半ページしか書けない時もあるし、4ページも書いてしまうときもある。

モレスキンへ書くことが一段落したら今度はトラベラーズノートのレギュラーサイズを取り出して考えをまとめてきます。ブログのネタだしをしていく。キーワードだけだったブログネタを文章にしていく。日々の生活で改善できるところを書きながら深堀していく。考えて、それを書いてまとめて、書いたものを見てさらに深く考える。

列車にのって最寄りの駅が近づくまでの間、こんな感じにずっと何かを考え書いて過ごしております。

手を動かしながら考えて頭脳を目覚めさせる

朝の列車では書いて過ごしているわけですけど、書かないで過ごすのと書いて過ごすのとでは職場についてからの仕事のスタートダッシュが違う気がしています。少し前には、疲れているということで、全く書かずに過ごしていることもありました。そのときと比べると、列車内を書いて過ごしていると職場についてから頭脳フル回転で仕事開始できる感じです。。

列車の中で車窓を眺めながらいろいろと考えて行くこともありましたけど、それだと脳の目覚めがいまいちでした。しかも後から思い返してみれば同じことを何度も考えていたこともありましたし。職場についてから考える仕事はいきなりは難しくて、少し手を動かす仕事をしてからじっくり考える仕事へ。

考えるだけで書かないとどうしても考えがまとまらない。書くという手の動作も加わることでさらに脳が目覚める感じがします。

何でもいいのでとにかく書きながら考ええると、その後の知的生産の効率がいいと感じてからは、朝の列車の中はとにかく何かを書いて過ごすようにしております。

まとめ

朝、仕事が始まる前とか、仕事でも始業直後とか。書いて目覚めさせるっておすすめですよ。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

独自ドメインのメールをガラホに届けるために四苦八苦

ガラケー デジタルガジェット モバイル

以前、プッシュ通知に対応していないメールの着信を知る方法としてGmailとIFTTTとSMSを利用した方法を記事にしました。

独自ドメインのメールアドレスへの着信をその方法でガラホへ通知していたのですけど、どうも通知してくれないことがある。しかも頻繁に。

結局のところ、独自ドメインからのメールを直接SPモードのメールへ転送することにしました。

今回はこのあたりをまとめてみます。

メールが届かない

独自ドメインのアドレスをメインとして使うため、着信したメールをGmailへ転送して、IFTTTでその転送メールが着信したことをSMSでドコモのガラホSH-06Gへ通知するようにしておりました。独自ドメインにメールが届いたことをSMSで教えてもらい、iPhoneでメール内容を確認するイメージで。

どうも、その運用だとうまくいかないんですよ。ほとんどSMSが届かない。すべてのメールがSMSとなって届かないのではなくて、1部のメールが届く程度。たまに届く程度ですね。

運用を開始したときは全然そんなことなかったのですけど最近は特に頻繁でして。

家族からの割と重要なメールも帰宅まで気づかないことが幾度かとありまして。もう、このシステムは信用できない!ってことで改めることにしました。

SPモードメールへ直接転送する方針へ変更する

独自ドメインにメール着信 -> Gmailへ転送 -> IFTTTでSMSへ通知

という回りくどい経路になっているのが問題ではないかと思いまして、

独自ドメインにメール着信 -> SPモードへ転送

とすっきりさせることにしました。

もともと、はじめのIFTTTを利用したシステムはガラホの運用コストを削減するためにSPモード契約を解約したことが始まりなのですけど、メールが届かないのでは仕方がない。SPモードを契約しなおし、パケ・ホーダイダブルにも契約して使うことにしました。

ガラホはベースがAndroidということでバックグラウンドの通信量が心配、ということでSPモード契約を解除していたのですけど、再度SPモードを契約して通信量を確認してみると全く心配することもなく。パケ・ホーダイダブルの下側の定額範囲内に全く収まっておりました。

わたしの場合、家族間でもそれほどメールはしなく、そのために通信料も少なくなっているかもしれませんけどね。

まとめ

まだ、運用し始めたばかりですけど、メールが通知されないこともなく運用できております。

ただ、SMS通知の時は、はじめはうまくいっていたのでしばらく様子を見る必要がありそうですね。

関連記事

www.chml-iwbht.net

www.chml-iwbht.net

UP3が完全に壊れて歩数量計に戻る

デジタルガジェット

以前、UP3が壊れたと書きましたが、その後どうするか決めきれずにそのまま使い続けておりました。

「まぁ、使えるからいいか」って感じに問題を先送りしていたら、とうとうUP3のバンドがが切断してしまいました。想像できる結末ですね。

バンドが切れても使い続けたら完全に使用不能に。

当時、留め金部分が取れただけで固定力は弱いものの腕につけれたのでそのまま使い続けておりました。固定力は怪しいので職場では胸ポケットに入れて置き自宅では腕につけて運動量や心拍数の計測。ログは問題なく取れていたので次をどうするかしっかり悩もうと。

購入して1年以内でしたので新品に交換してもらいこのままUP3使い続けるのか、misfitやfitbitやgarminに移行しようか悩んでおりました。ただ、先代のUPの時もボタンが取れてしまっていたりとjawboneの製品は品質に疑問があるので他社への移行をメインに考えていて。どうしようかなと情報収集しつつ悩んで使い続けているうちにバンドが切れて完全に使用不可能になってしまいました。

こうなるのはわかっていつつ、でもやっぱり突然の切断だったので準備もできず、以前から使っていた歩数量計だけになってしまった。

体調も睡眠もUPがなくてもわかる

今までUPからUP3へと約1年半の間ずっとデータを取り続けていて、データを取るのが当たり前で。データが取れなくなって「どうしよう、早く次のを」と焦りましたけど、歩数量計だけの生活を1日してみてデータがないことが別に気にならなくなって。数日後にはすっかり歩数量計だけの人になっていましたよ。

睡眠の質とか体調やストレス等の影響を見たくてUPを導入したわけですけど、睡眠の質は起きた時になんとなくわかるしストレスや体調の変化は血圧計でなんとなくわかるので、今となってみればわたしにはUP3は必要ないということですね。

UP3がなくなって夢を見るようになった

UP3が腕からなくなって、朝方によく夢をみるようになりました。UPシリーズを腕につけていた時にはあまり夢の記憶がなくて、ホントたまに見る程度で。でも、使わなくなったら毎日ってぐらい夢を見るんですよ。もしかしたら、夢をみるタイミングでUP3のバイブで起こされていたのかなぁと。

そのおかげなのか、目覚めも以前よりいい。UPで起きやすいタイミングで起こしてもらっていたのに、それよりも目覚めがいいって。なにか矛盾を感じますけどね。

まとめ

ライフログが取れなくなって心配だったけど、全然問題なくて。むしろよく眠れたりしているぐらいで。わたしには活動量計は歩数量計でいいかな。

関連記事

www.chml-iwbht.net

今週のdov. 16/11/27

今週のdov.

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

先週末からの体調不良のため、休息を優先していたので全然記事は書けず。今週のdovを除いては1記事だけでしたね。どうにかしたいなぁ。

手帳用ボールペンとトラベラーズノートパスポートでひらめきを受け止める。

www.chml-iwbht.net

 今週読んだ本

”人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術(オーディオブック)”

早起きの方法を技術という面で教えてくれる本でした。

いままでの早起きの本は、早起きにはどのようなメリットがある等の話があって頑張りましょうという感じですけど、この本は習慣化という面からどうしたら早起きの習慣をつくっていけるかを説明しています。

少しだけ早起きしてみようかなと思いました。

"情報は一冊のノートにまとめなさい"

A6ノートにメモを書いて、テキストファイルで索引を管理する。

以前読んだ100円ノート「超」メモ術との違いは索引をメモ帳自体に持たせるかPC上にテキストファイルで作るかということ。あとはすべての記録をひとつのノートに書いておくことでしょうか。

用途ごとに数冊のノートを使用していますけど、一冊にまとめたのが振り返りがしやすいんですよね。まとめようかな。

"新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣(オーディオブック)"

やめたい習慣をやめるための技術を教えてくれる本。同じ筆者の早起きの本を読んでからなので、ベースとなっている習慣化に向けての考え方は同じで、するすると理解できました。

習慣化

読書

今週もほぼ毎日読むことができております。習慣としてかなり定着してきたのではないでしょうか。

 運動

休息を優先としていましたので、体力的に少し辛いときはストレッチなど軽めの運動?をしておりました。ランニングやスロトレじゃなくて、ストレッチのような方法なら体調が厳しいときも続けられそうな感じですね。

まとめ

なかなか思うように時間を作れなくて四苦八苦しておりますが、それでも少しづつ時間をつくってブログを書いていこうと思います。

手帳用ボールペンとトラベラーズノートパスポートでひらめきを受け止める

手帳 ノート トラベラーズノート 文房具

ひらめきは駆け足で逃げて行ってしまうので、やってきたときにしっかり受け止める必要があると考えています。そんなひらめいたことをさっとメモするためにいつもトラベラーズノートのパスポートサイズを持ち歩いております。

手帳用ボールペンとトラベラーズノートのパスポートサイズの組み合わせが今のところ一番のお気に入りでして。今回はこのあたりをまとめてみます。

ボールペンが邪魔にならない

手帳用ボールペンはトラベラーズノートのパスポートサイズにすっぽり入ってしまう大きさ。トラベラーズノートの中に挟み込んでしまうと存在に気づかないです。

ペンホルダーをつけたり、別途ペンケースに入れて持ち歩いたりと、ボールペンを持ち運ぶ方法はありますが、手帳用ボールペンとトラベラーズノートだとペンを持ち歩いている感覚がない。

カバンに入れるときにボールペンが引っかかるだとか、ペンケースごと忘れてきただとか、メモを取りたいだけなのに筆記具のことまで気にかける必要がないところがいいですね。

ボールペンをしおり代わり使いさっと開ける

手帳帳ボールペンは記入したらそのままページに挟んでおくことにしております。こうするとボールペンがしおり代わりになります。

トラベラーズノートにはしおりとして紐がついておりますが、これを使ってページを開こうとすると少しモタモタするのです。

  1. 紐をつかんで
  2. 紐を引っ張りながらページを開いて
  3. ペンを持って
  4. 書き始める。

手帳用ボールペンをページに挟んでおけば1工程減らすことができます。

  1. トラベラーズノートを開いて
  2. ペンを持って
  3. 書き始める

紐を引っ張りながらページを開いてというのが一番モタモタする原因なのですけど、ボールペンを挟んでおくとこれがなくなる。トラベラーズノートを無造作に開けば書きかけのページが開くわけです。

サイズが大きくない手帳用ボールペンをしおりがわりに挟みさっと開いてさっと書く。これいいですね。

ひらめきは駆け足で逃げていくから

仕事のことでもプライベートのことでも、アイディアはどこで降りてくるかわかりません。

仕事中、PCで作業しているときにプライベートタスクのアイディアが浮かんだり。喫茶スペースでのんびり外を眺めていたときにふと浮かんだり。トイレに向かうときに浮かんだり。

プライベートでも、家族とのお出かけ時、待ち時間にふと浮かんだり。車で移動中に助手席で外を眺めていたら浮かんだり。

とにかく、面倒がって「後からでいいや」としても、後から思い出せないことばかり。思い出せなくて悔しい思いをするのならいつでも手の届くところにメモを用意しておいてさっと記入する。

さっと記入するためにいかに素早くノートを開き記入するか。トラベラーズノート パスポートと手帳用ボールペンの組み合わせは素早く開けて持ち運び性も良くて、いい組み合わせじゃないかと思います。

まとめ

トラベラーズノートの生みの親である飯島さんも手帳用ボールペンとの組み合わせで使っているとのこと、少しうれしくなりました。

allabout.co.jp

スポンサーリンク