きっと明日はいい日になるっ

小さなライフハックネタ、デジタルガジェットの使い方、手帳などのアナログツールの使い方などつづります。

トラベラーズノート レギュラーサイズを使う習慣はなぜなくなってしまったのだろう。

トラベラーズノートのレギュラーサイズの使用頻度が落ちてきたと前の記事で書きました。

www.chml-iwbht.net

以前は毎日使用しておりましたが今はノートを開かない日も。通勤時にカバンに入れているのですけど、カバンに入れていなくても困らないぐらい。

トラベラーズノートは思考を膨らませるために使用しております。使用していないということは単純に言ってしまうと物事を掘り下げて考えていないということかもしれません。

わたしの知的生産活動が危機的状況かも?!

再びノートにいろいろと書く習慣を取り戻すべく、トラベラーズノートをもっと使用するためにはどうしたらよいものか。

使用しなくなった原因は何なのかを考えてみました。

書く内容がなくなったわけではない

そもそも書くことが自分からなくなってしまったのかどうか。書くことがなくなってしまったので使わなくなってしまったのではないか。

それらを検証するために試しにトラベラーズノートに書いてみることにしました。書くといっても以前と同じようにテーマは決めずにノートに向かって書き始めます。

はじめは手が進まないですが、書き始めれてしまえば以前のように書くことができます、ブログネタだけじゃなくて生活全般、アプリの使いこなしやタスク管理の問題点と改善方法についてなど。

書けるのです。

決して書く内容がなくなってしまったわけではなくて、書く機会が少なくなってしまっただけのようなのです。

出勤風景の変化

そもそもわたしがトラベラーズノートを書き込んでいたのは出勤の列車の中、朝のフレッシュな頭で思い浮かぶことを書き・考え・膨らましておりました。ブログのネタもそうですけど生活全般の改善ネタなどを考え書いていく。

列車に乗っている間はずっとノートを広げて楽しい時間をすごしておりました。

最近では出勤の列車の中では全く違うことをしております。

まず列車に乗車したらDUOで英単語学習をしております。朝にこの手の学習をしておかないとなかなか夜には時間が作れないですからね。

その後は別館ブログの更新です。別館ブログは内容自体は短いですけど毎日更新を心がけておりまして。なるべくネタが思い浮かびやすい朝に実施するようにしております。

ここまで来るともうすぐ列車を降りる時間ですので、間つなぎも兼ねてオーディオブックを聞くこととしております。

ノートを書いていた時間が習慣化タスクを実施する時間と置き変わってしまい、ノートを開く機会が減少したということのようです。

ブログ執筆環境の変化

当時、トラベラーズノートへ記入する内容ではブログネタが多かったのですが、workflowyの登場で執筆スタイルが変わってきたというのも大きいかもしれません。

以前はブログのネタはトラベラーズノート内に手書きで膨らませてました。膨らませた後にiPhone・PC・POMERA等でデジタルに書き起こして更新しておりました。

現在ではブログに関していうとMemoFlowyでネタを箇条書きからはじめて文章へ育てていき、iPhone上のTextEverで最終形に仕上げてサーバへアップしています。

必要とする最終形がデジタルですので、全てをデジタルで行うのは効率的ではありますので仕方はないかなぁ。

まとめ

わたしがトラベラーズノートのレギュラーサイズに書けなくなったのは、書く機会を少なくしてしまったというのが大きな原因のようです。

さて、どう書く機会を増やしていくのか、これが問題ですね。

いつも使用している3冊のノート

先日、来年の手帳に向けての考えたことを記事にしました。

手帳の使い方を検討したついでに現状のノートの使い方と今後について考えてみたいと思います。

ノートと言っても職場のノートではなく、今回はプライペート用ですね。

現状、使用しているのはこの3冊のノート

  1. トラベラーズノート レギュラーサイズ

  2. トラベラーズノート パスポートサイズ

  3. モレスキン ポケットサイズ

この3冊について考えてみました。

トラベラーズノート レギュラーサイズ

トラベラーズノートのレギュラーサイズはアイディアを受け止め、膨らまし、まとめるのに使用しております。

ブログのネタであったり、ライフハック的なことであった、生活全般であったり。思い浮かんだアイディアを書いて、肉付けして、膨らます。

リフィルは純正の無地のものを使用して、罫線に思考を邪魔されないように。

思いつくまま書くためにはペンも重要な要素ですので、お気に入りのペンで書くようにしております。

万年筆のカクノ、フリクションボール、ブラスプロダクトの鉛筆などで、スラスラと書く。

ノート以外にはカードホルダーもつけていまして、edyカードなど財布に入らないけど持ち歩きたいカードを入れています。

ただ、最近はこのノートの出番が少なくて。全く開かない日もあって、カバンに常駐も考え直さなくてはいけないかなぁと思っております。

トラベラーズノート パスポートサイズ

トラベラーズノートのパスポートサイズはメモ帳として使用しております。ひらめいたアイディアをメモする、ちょっとしたことをメモするなど。

リフィルは純正のものではなく、無印良品のパスポートメモを使用しております。純正よりも紙が厚く枚数もすくないですが、単価が安いので。純正よりも躊躇なくメモすることができます。

メモとして使用しておりますので、いつもすぐに手が届くところに常備しております。

職場だと机の上、左側に。移動中はカバンの一番上、カバンを開けばすぐに取り出せるところ。自宅ではリビングの机の上に。

メモを記入するにはメモ用紙がないとだめですが、ペンも手元にないと書けません。すぐにメモができるように手帳用ボールペンを栞替わりに挟んでおります。

以前は記入したらiPhoneで写真をとってEvernoteに保存してみたり、メモを見つけやすくするためにINDEXを最終ページに作ってみたりしたのですが、今はそれらは実施していない。思いついたことをさっとメモするためだけに使用しております。

毎日何かをメモしておりますので使用頻度は高いです。

モレスキン ポケットサイズ

トラベラーズノート パスポートサイズと同じくモレスキンもメモといえばメモとして使用しておりますが、こちらは残したいと思うメモ用です。

ちょっとした隙間にその時までの感情や気持ちを書きとめて置いたり、トラベラーズノートパスポートのメモを膨らましてみたり。多くはその時の気持ちや感情を記録することですね。

たとえば子供と幼稚園まで向かう時に話した内容だとか、その時の感情面だとか。

初めはユビキタスキャプチャーをしようと思い導入したのですけど、どんどん方向性が変わっていき、今では残したいメモを記録するのものなりました。

トラベラーズノートのパスポートサイズが捨てるためのメモに対して、モレスキンは残すためのメモでしょうかね。

毎日、出勤時に書くことが習慣になっておりまります。

このままで行くのか変えるのか

ざっと今のノートの使い方をまとめましたが今のノートの使い方でいいのかどうか、このまま3冊を使い続けるのかと考え始めました。

トラベラーズノートのパスポートサイズとモレスキンは使用頻度も高く、使用目的も自分の中ではっきりしているので問題なしかと。

トラベラーズノートのレギュラーサイズは使用頻度は少なくて、カバンの軽量化のためには持ち運びをやめにしたいところ。

ただ、財布に入りきらないカードを入れているので、なるべくならば持ち歩きたい。

どちらを取るかですね。

困りました。決めれない。

まとめ

まずは現状維持できるかどうか、トラベラーズノートのレギュラーサイズを書く習慣を作り直せるかどうか考えていきたいと思います。

今週のdov. 17/09/17

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

2018年 手帳会議 その1

www.chml-iwbht.net

2018年 手帳会議 その2 

www.chml-iwbht.net

日記兼ライフログのほぼ日手帳転記で、仕事モードな昼休憩をリラックスモードにする 

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

今週はたくさん本を読むことができました。びっくりです。

“お金は銀行に預けるな(オーディオブック)”

聞くたびにお金をどう働いてもらおうかとか、とりあえず証券会社のHPにある商品等を確認してどうするのがいいかと考えたりします。

まずは確定拠出年金の割合をいろいろと変更するところかなぁ。

“遅読家のための読書術”

読書方法に対してすごいパラダイムシフトが起きました。

しっかり読んでも自分の中に残るのは一部、ならば重要な個所だけ読んでまとめていこう。

この本にある読み方について実践したら一冊読むのがとても速くなって、その結果がこれですよ。

“読んだ分だけ身につくマインドマップ読書術”

実は二回目の読書、なんとなく読んだことありそうだなぁと思いながら図書館で借りて、自宅に戻って確認したらやっぱり二回目だったと。

マインドマップにまとめることは頭に残りやすい方法である。

目次をまとめる、太字をまとめる、キーワードを持って読んでそれをまとめる、などマインドマップを使用したまとめ方が参考になりました。

“超ノート術”

ノート自体の書き方というか、ノートを使ったアイディアの出し方・育て方についての本でした。

1軍ノートは何でもいいからメモを取るノート(何でもといっても目的をもってですけど)、1軍ノートから使えそうなアイディアを2軍ノートにまとめる。

2軍ノートは同じフォーマットでアイディアを書いておき見やすくしておく。

“「言葉」があなたの人生を決める(オーディオブック)”

効果的なアファメーションについて。

ウキウキ・ワクワクするような人生の目的を作る。目的に沿った将来なりたいイメージをリアルに想像して、自分のコンフォートゾーンをそこに持っていくようにアファメーションをしていく。

現状から想像できる目的ならば自分を変えることは難しく、現状から想像できないような目的・目標をイメージすることが重要。

まずは、「コンフォートゾーン」を上げるべく、いろいろと一段レベルの高い自分を想像してみようかと思いました。

“自分の時間を取り戻そう”

生産性向上はブルーカラーだけのことではない。ホワイトカラーでも生産性向上は必要。

会社だけでなく私生活でも、自分の時間を取り戻すため、将来の選択肢を沢山持つため、常に生産性向上を意識して生活する必要あり。

習慣化

今週は日曜日の夜に早く寝たために一部の習慣化タスクは実施できませんでした。

読書

毎日読書、継続できております。

運動

全てでスロトレを中心とした運動を実施

英語

リスニング

日曜日はお休み、それ以外はラジオ英会話を聞く学習を継続できております。

リーディング

DUOでの単語学習、毎日続いております。

一日一新

17/09/11

なし

17/09/12

JavaFxでFXMLでGUIを作成しイニシャル動作を実装

17/09/13

近所の洋食屋に初めて入る、オムライス

17/09/14

EvernoteのScannableを使用開始

17/09/15

なし

17/09/16

松本零士展で、直筆原画とご対面

17/09/17

毛糸の編み物

まとめ

2倍速でオーディオブックを聞くようになったので1冊読み終えるのが早くなりました。また、書籍を読むのも重要なところだけを読むようにして早くなりました。

そうなると読書が楽しい。新しい知識を得られるのが楽しいのです。

さて、次は何を読もうかな。

日記兼ライフログのほぼ日手帳転記で、仕事モードな昼休憩をリラックスモードにする

f:id:dovoltaga:20160528111512j:plain

わたしはライフログ兼日記をほぼ日手帳へ書いております。

書いているといっても、いきなり書くのではなく。まずはPOMERAに下書きを書いておき後日ほぼ日手帳へ転記をしています。

転記する時間を確保する

こうすることで、当日日記を書くだけでなく、後日に振り返りができる。 レビューが強制的に後日実施できるのです。

ライフログ兼日記は書いただけじゃもったいなくて、振り返ることでさらに活かされるモノだと思うのです。

ただ、この方法にもデメリットがありまして、後日転記するのに時間が必要だと。

1日10分程度でPOMERAに書いているのですけど、転記する際にも10分程度はかかっておりまして。忙しいときにはこの時間が捻出するのが難しくなることも。

昨年分の転記がまだ完了しておりませんで、さらに今年分の転記もたまってきてしまいまして、再び職場で転記することにしました。

昼休みに転記することに

いつもならば昼休みはご飯を食べた後、ブログを書いていたりしているのですが、その時間を昨年分のほぼ日手帳への転記の時間へ割り当てることにしました。

今年分の転記もたまってきたので、昨年分を取りかかるための追加の時間を自宅で確保することが難しい。

POMERAに記入したライフログ兼日記はまとめてevernoteへ保存していますので、職場PCのモニターに表示して転記しております。

昼休憩といえども仕事モード

昼休憩といえども会社内ですので仕事モードであります。

休憩中ですが社外や社内から電話がかかってきますし、緊急案件ならば休憩中でも上司から声がかかることもあります。

会社ではやっぱり仕事モードなのです。

そんな中、ほぼ日手帳を転記していると昨年のことが鮮明に思い出されてきます。楽しかったこと、辛かったことなどさまざま。

プライベートな出来事を読んで書いて思い出していると、自分の世界に入ることができていて、しっかりリラックスモードに切り替わることができるのです。

午前中のカリカリした雰囲気で昼休憩を迎え、ほぼ日手帳の転記をしてリラックス。そして休憩があける。

いいリズムです。

まとめ

わざわざ転記するのって面倒で、昨年分とさらに今年分がたまってきてしまったとき、一度はあきらめて昨年分はプリントして手帳に貼り付ける!ところまで考えておりました。

転記しているといろいろ思い出されて楽しいし、少しづつ転記が進んでいくのであきらめていた感情が和らいできました。

昼休憩、昨年のものが終わったら今年のものを転記する時間としようかな。

こんな記事もあります

www.chml-iwbht.net

2018年 手帳会議 その2

前回の会議結果から、来年の手帳としてはフランクリンプランナーとほぼ日手帳は2018年もそのままの役割で継続使用していくことになりました。

能率手帳ゴールドと超整理手帳をどうしたものか。

この2冊をどうするかをふまえ、来年の運用案を考えてみようかと思います。

第1の運用案

フランクリンプランナーは今まで通りに計画とレビューの手帳として自宅で待機させておくことにします。

ほぼ日手帳もそのままライフログと日記として書き続ける。

能率手帳ゴールドを持ち歩きの手帳として運用する。

ここまでは2017年の運用と同じですが少し変えます。

超整理手帳は使用せず、TaskChuteと自宅のフランクリンプランナーとのタスク実施結果の同期はWorkflowy経由で実施することとします。

超整理手帳はタスクの同期以外に使用しておりませんし、半年以上使用してきてそれ以上の役割も持たせることができておりませんので、バサッとやめてしまっても問題ないかなと。

今の運用を崩さずに1冊手帳が減ったということがメリットですね。

やはり毎日メンテナンスする手帳が減るとシンプルに運用できそうですからね。

第2の運用案

第2の案として、第1の案から能率手帳を削除する運用案です。

能率手帳ゴールドをやめる代わりに、フランクリンプランナーを持ち歩きの手帳として運用することとします。

今、能率手帳ゴールドに書いているログはほぼ日手帳へ記録です。クラウドサービスのID・PWはフランクリンプランナーのブランクリフィルに記入して持ち歩く。

こちらの案は現状の運用に対して2冊の手帳が減るというメリットがあります。

ただし、重くて大きなフランクリンプランナーを常に持ち歩く必要があるというデメリットあり。

運用も2冊でシンプルになったのはいいのですけど、フランクリンプランナーを常に持ち歩くのにちょっと抵抗感ありです。

シンプル運用を取るか重さを取るか

ひとまず、今思い浮かぶのはこの2案です。

手帳2冊のシンプルな運用を取るか、持ち歩きの軽さを取るかですね。

持ち物が少なくなればモノをメンテナンスする自分の時間も少なくなるわけですから、シンプルな運用にはあこがれます。

ただ、わたしの通勤鞄の「スペースを確保する」と「少しでも軽くする」も重要なミッションであります。

通勤鞄にフランクリンプランナーを入れてしまうとBluetoothのキーボードを入れるスペースがなくなってしまう。書籍を入れるスペースもなくなる。

自宅での自分の時間が限られているので、出勤の時間も有効に活用したい。そのためにはキーボードもそうだし書籍もそうですけど、仕事で使うモノ以外も持ち運ぶ必要がある。

スペースが確保しやすい運用案1が良さそうな感じですね。

まとめ

まずは運用案1にそって来年の手帳群を購入していこうかと思います。

違う運用が気になりだしたらその時に移行してしまえばいい、手帳ですから自分の気持ち次第でどうとでもなりますからね。

こんな記事もあります

www.chml-iwbht.net

2018年 手帳会議 その1

09月といえば各社から来年の手帳が販売開始される季節であります。

手帳界隈では手帳会議が開かれ、来年のスタメンとなる手帳を決定しているわけで。わたしも来年のスタメン手帳を考えてみようかと。

まずは今の手帳について考えてみます。

17年の手帳を振り返る

17年は4冊の手帳を使っておりました。それぞれの役割をまとめます。

能率手帳ゴールド

能率手帳ゴールドはログの手帳です。

スケジュールのページには予定も書きますが、ログも書いております。起きた時間、出勤した時間、帰宅した時間、ベッドに入った時間。読み終わった本のタイトルなど。

メモページには「よかったこと」「がんばったこと」「その日のトピック」を書き、余ったスペースに歩数・血圧・体重を記録しております。

習慣化タスクは手帳の前の方にあるガントチャートに記録しております。

能率手帳ゴールドは常に手元にあります。何かと忘れがちなメモだったり、クラウドサービスのID・PWだったりも記録しております。

フランクリンプランナー

フランクリンプランナーは計画とレビューの手帳、わたしが使用しているのはコンパクトサイズで1日2ページのものです。

会社とプライベート関係なく、その日実施するタスクを前日のレビュー時に計画してデイリーリフィルの左ページに記入しておきます。右のメモページはその日の目標を記入です。

その日の終わりに日次レビューを実施してタスクの実施状況を記入、その日の反省やうれしかったこと、一日一新などを記入しております。

フランクリンプランナーは大きいので自宅で手帳軍の母艦として机の上に待機しております。

ほぼ日手帳

ほぼ日手帳はライフログ兼日記の手帳です。

ライフログをメインとして少し感情も込めて日記としても記入しております。

ほぼ日手帳も自宅で待機ですね。

超整理手帳

フランクリンプランナーと職場PCで使用しているTaskChuteとの橋渡しをするために使用しております。

その日に実施するタスクはフランクリンプランナーで管理することにしておりますので(項目として)、TaskChuteに前日に計画したタスクを転記するため。タスクの実施状況をTaskChuteからフランクリンプランナーへ転記するため。

18年の手帳を考えるにあたり

来年のスタメン手帳を考えるにあたり現在使用している手帳についての考えをまとめておきます。

フランクリンプランナー

フランクリンプランナーは7月はじまりのリフィルを購入してしまいましたので、まだ使いはじめて2ヶ月であります。この01月から切り替えるにはちょっともったいないかな。

また、昨今のシステム手帳ブームもありますし。わたし自身、自分好みにリフィルを組み合わせていくのシステム手帳をもっと育てていきたいと思っております。

フランクリンプランナーは計画・レビューの手帳として使い続けるとします。

ほぼ日手帳

使いはじめて5年以上は経ちます。ライフログ兼日記帳として当初から使ってきました。

何も不都合なく使い続けれておりますし、日記という習慣はこれからも続けたいと考えております。

今まで通りに手帳というか日記帳(?)として使っていこうかと思います。

能率手帳ゴールド

手帳としてはベストなサイズ、どこに行くにも邪魔にならない。

フランクリンプランナーに能率手帳ゴールドが担っていたログという役割を持たせることもできるので悩みものなのです。フランクリンプランナーを普段から持ち歩くことになれば能率手帳ゴールドは必要ないかもしれませんね。

普及版の能率手帳からのステップアップ、憧れから使用がスタートしておりますので使い続けたいという思いがありますけどね。

超整理手帳

超整理手帳ってどんな手帳なんだろうという興味で購入して、役割はほとんど後付けで使いはじめました。

TaskChuteとフランクリンプランナーとの同期を取るためだけなので、他の手段で代用可能だったりする。

まとめ

今回は手帳の現状の役割とそれぞれに対する考えをまとめてみました。

次回以降でどうして行くか展開していきたい。

今週のdov. 17/09/10

この一週間のまとめ記事になります。

この一週間の記事

今週は2記事だけでした。まだまだ執筆サイクルの見直しが必要

親指シフトを開始して3ヶ月たちました

www.chml-iwbht.net

モンベルの折り畳み傘 トレッキングアンブレラ を買ったよ。

www.chml-iwbht.net

今週読んだ本

“結果を出せる人になる! 「すぐやる脳」の作り方(オーディオブック)”

一回目の読了でる。

すぐやるためには柔軟な思考が必要、訓練で柔軟な脳にすることができる。

小さな成功体験を積み重ねてポジティブになる。ポジティブであるとすぐやることができる。

すぐやるためには脳のエネルギーが必要。頑張るは脳のロケットエンジン、はやく進む分エネルギーを沢山消費する。常に頑張ることを必要としないように。

習慣化

今週の土日は子供を寝かしつけていたち一緒に寝てしまい、習慣化タスクの一部が実施ができなかったです。

読書

平日はオーディオブック、休日は紙の書籍を読むことができました。

運動

土日以外は実施。前半はスロトレ、後半は腕立て・腹筋で。

英語

リスニング

土曜日以外はラジオ英会話を聞くことができております。

リーディング

DUOの英単語学習を中心として毎日実施できました。

一日一新

17/09/04

なし

17/09/05

初めてのところにTEL

17/09/06

javaFxでブラウザ作成

17/09/07

なし

17/09/08

なし

17/09/09

ローメンを食べる

17/09/10

なし

まとめ

この土日のように夜に寝てしまっても習慣化タスクを実施できるよう、タスク実施の前倒しを考えております。

会社から帰宅するまでに習慣化タスクは完了していて、夜はのんびりと過ごすのが理想です。

できるかなぁ・・・。

スポンサーリンク